1. 本買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取価格情報

お得な情報満載!! 買取価格情報

ぼくは麻理のなかを買取ました

ぼくは麻理のなかの画像

 

本日、本買取アローズにて「ぼくは麻理のなか」を買取いたしました。
今でも連載中の人気漫画です。双葉社から発売された本ですね。作者は「アバンギャルド夢子」や「デビルエクスタシー」で注目を浴び、活躍されている方ですね。漫画本「ぼくは麻理のなか」の主人公は田舎から東京にやってきた大学三年生の小森功。彼は大人しい性格のため友達もできず、その結果大学に行くのもやめて引きこもりになってしまいました。自堕落な生活を送る中、彼の楽しみと言えばたまたま見かけた女子高生の吉崎麻理の尾行。ある日、功が朝目覚めると、何と憧れていた女子高生・麻理になっていたのです!突然のことで戸惑った功でしたが、彼は「麻里」の姿で女子高生として過ごします。しかしやがて、本物の麻里はどこへ行ってしまったのかと彼は気づきます…。少しネタバレになってしまうのですが、女の子の人格は主人公の男の子になってしまっているのに、男の子の中身は以前から変わらぬ同じ人格として生きているのです。私は、キャラクターの中身が入れ替わるわけではなく人格が分裂しているところに興味が惹かれました。この漫画本「ぼくは麻理のなか」のミステリアスな内容には思わず、寝る時間を削ってでも読みたくなってしまうはず。そしてクラスメイトの階級というか、格差というか。クラスの地味っこや、可愛い子達の関係性もリアリティがあって面白いんですよね。そんな、女の子の普段考えていることや女の子同士のネチネチした関係にも注目していただきたいです。
「ぼくは麻理のなか」はセクシーな描写も多いですが、男女問わず楽しく読める漫画ですよ。独特な世界観で話題になった漫画「悪の華」の原作者・押見修造による、こちらの新たな作品は「悪の華」以上に非常に結末が気になる漫画「ぼくは麻理のなか」です。この本買取アローズのブログ記事を読んで少しでも「ぼくは麻理のなか」に興味が出てきた方はぜひ本屋さんなどで手に取って読んでみてください。
また、本買取アローズでは「ぼくは麻理のなか」のような人気漫画ははもちろん、その他に教科書や参考書も、高価買取を行っています。売りたい漫画や本、教科書・参考書がございましたら、本買取アローズの漫画買取ページをご覧ください。買取の際に必要なダンボールが家にないから宅配買取には出せない…と悩んでいる方も大丈夫ですよ!本買取アローズは5箱まででしたらダンボールを無料でお客様のお宅までお届けいたします。それでは、本買取アローズの買取が少しでも気になっている方がいましたら一度本買取アローズまでお気軽にご連絡くださいね。

クレーム対応の教科書を買取りました

現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書の画像

 

こんにちは!本日、「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」という本を本買取アローズにて買取ました。
こちらは大阪府警OBで元刑事の援川聡氏が著者で、警察官を退官後に大手小売業に転職し、店舗や企業で発生する様々な事故やクレームの解決を手掛けてきた経験を元に書かれたクレーム対応の本「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」です。この本は、ダイヤモンド社から出版されました。本書「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」は、クレームのそれぞれの対応法をケースごとに3つのポイントに絞ったアドバイスがあり、著者の経験に基づいた事例や図解も豊富に記載されているので、理解しながら読み進められます。私自身もかつて小売業のアルバイトをしていて、様々なことからクレームに発展したケースに遭遇しましたが、こちらの本「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」を読むと非常になるほどと感じることが多かったです。いきなりクレームを言われてしまうとつい戸惑ってしまうんですよね…。
そこでこの教科書「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」は、クレームを言ってくるお客様の本当の意図や対応者がお客様に対してどういう反応をしてどんな間違った言葉遣いをしてしまったのかということも書かれているので、参考になりますね。これ1冊を読んでおけば、クレームが来てももう焦ることはない!そう感じさせてくれる内容の教科書ではないでしょうか。また、小説風に会話が進んでいくのも読みやすいですね。接客業といった、お客様に関わるお仕事をされている方・そして接客業のスキルを上げたい!という方にはぜひ本「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」を読んでいただきたいです。本買取アローズのブログ記事を読んで「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」に興味の出た方はぜひ読んでみてください。
また、この本「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」をお持ちの方は、ぜひどこよりも高く買取をすることで定評がある本買取アローズへお売り下さい。簡単便利な本買取アローズの宅配買取をこの機会にぜひご利用くださいませ。本買取アローズの申し込みは3分ほどでサクっと出来ますし、その後はお家まで業者が本を収集しにまいりますので、時間が有効的に使えるはずです!その他教科書の買取情報は本買取アローズの教科書買取ページをご覧ください。本買取アローズは、お客様の買取をお待ちしております。

はじめてのバイオインフォマティクス買取

はじめてのバイオインフォマティクスの画像

 

本日、本買取アローズにて「はじめてのバイオインフォマティクス」を買取いたしました。
「はじめてのバイオインフォマティクス」とは生物学分野で、生命が持ってる遺伝子やタンパク質の構造といった情報を分析して生命について調べることです。こちらの専門書「はじめてのバイオインフォマティクス」は生物学分野が初めての初心者を対象に、分子生物学の基礎からはじまり、バイオインフォマティクスについての基礎から最先端の情報などを1冊にまとめて解説している本です。2006年に講談社から発売された「はじめてのバイオインフォマティクス。どのように生物学に考え、どういう風な解説を起こせば良いかなど、初心者に上手く伝えようとしている専門書ですね。専門書にはそのページに使用されたリンクも載っているので、そこから調べて勉強をする意欲がわきますね。バイオインフォマティクスというものが、生物と情報科の複合領域で、タンパク質とゲノムの構造を解析していくということがわかります!研究予算が低い日本はこれからどうやって研究を進めていくのか気になりますね。生物学について基礎から学ばれている学生の方で、まだ「はじめてのバイオインフォマティクス」を読んだことがない人にとって本買取アローズスタッフもすごくオススメをしたい1冊ですので、この機会に読んでみてはいかがでしょう!
また、本買取アローズでは藤博幸氏の著書で「はじめてのバイオインフォマティクス」のほかに「タンパク質の立体構造入門 基礎から構造バイオインフォマティクスへ」や「タンパク質機能解析のためのバイオインフォマティクス」といった専門書の買取も行っています。もし自宅にこれらの専門書「はじめてのバイオインフォマティクス」などが眠っていれば、ぜひ本買取アローズにお売り下さい。その他専門書の買取をお考えの方は、本買取アローズの専門書買取ページをご覧下さい。買取の際に、大口査定や期間限定の高価買取査定キャンペーンもございますのでチェックをお忘れなく。宅配買取なので、申し込み後はお客様のお宅まで買取の品を集荷にまいります!また、宅配買取メインの経営をしているのですか、人件費をコストカットした分はお客様の査定額に上乗せしております。本買取アローズは、お客様の皆様からいつも高評価をいただいております。本買取アローズのサービスや高価買取価格については、本買取アローズスタッフも自信と誇りをもっています。どこに買取をお願いしようか待っているならば、どうぞ本買取アローズをお選びいただけますと、幸いでございます。

プラネテスを買取ました

プラネテスの画像

 

いつも本買取アローズのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。本日本買取アローズは、漫画「プラネテス」を買取いたしました。
この漫画「プラネテス」はSF漫画ですが、感情移入しやすい登場人物が人気でアニメ化もされました。物語の舞台は2070年代で、火星には人が住むぐらい宇宙開発が進んでいる時代です。木星や土星にも有人の探査計画もしています。地上から宇宙に行くにしても、その途中で危険がたくさん待ちわびていてスペースデブリに遭遇しては事故を起こすのが当たり前になっている社会ですね。宇宙開発によって生まれた宇宙空間のゴミ、スペースデブリを回収する仕事をしている主人公、星野八郎太はいつか自分の宇宙船を手に入れることを夢見ていました。しかし仕事という現実と夢の狭間で思い悩んでいます。こちらの漫画「プラネテス」は、未来での人間の宇宙進出に焦点を当てていますが、宇宙とは?人間とは?という普遍的なテーマにも及んでいて、哲学的要素が含まれています。こんなに面白い漫画もっと早くに読んでおけばよかったと後悔しています。宇宙と言っても近未来なので身近に感じることは間違いなしですし、キャラクターそれぞれの人生観や自分の居場所について多く描かれいます。今を生きる私たちにとってこういう人生観は共感できることばかりですよ。そして漫画で描かれているもの全ては、どこかリアルさがあって。これからの人間の未来は本当にこうなるのではないかと思わせてくれます。宇宙開発をしていくと共に人間たちのヒューマンドラマにも注目していただきたいです。ぶつかりあうこともありますが、時には共感しながらお互い協力していきます。宇宙という壮大なテーマをここまで広がっていくとは。本買取アローズのスタッフも関心がとまりません。さらにこちらの漫画「プラネテス」は全部で4巻までなので、忙しい人でもすぐに読みはじめられます。「プラネテス」に興味のある方はぜひ読んでみてください。4巻という短さを魅力に、本買取アローズも漫画「プラネテス」を買いそろえているスタッフが多いです。
それでは、本買取アローズで「プラネテス」など人気漫画の買取を積極的に行っていますので宜しくお願いいたします!本買取アローズはお申込みから入金までの手数料が全て無料の上に、買取査定額がぐんぐんUPするお得なキャンペーンもご用意しており、お客様からいつも高い評価の感想をいただいております。本買取アローズでは様々な漫画の買取情報を掲載していますので、ぜひ本買取アローズの漫画買取ページをチェックしてみてくださいね。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら