1. 本買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取価格情報
  3. 2014年12月

お得な情報満載!! 買取価格情報

それでも仕事は「好き!」で選べ を買取しました

5159mKEzf7L._SL500_AA300_

 

100年に一度の不況の時代といわれる中で、

給料も上がらないし、そもそもやる気にならない…

おまけに仕事がまるで面白くない…
会社を辞めたい…だけど不景気だから…
と思っている若いビジネスマンの悩みを解消するには?
結局のところ、本当に「好き」なことを仕事にするしかないく、不況だからこそ真剣になれる仕事選びをしないと危険なご時世だと訴えていて います。
では、一体どうすれば「好き」な仕事がわかるのか?
どうしたら「好き」な仕事に就けるのか?
そもそも「好き」な仕事なんてつけないのでは?
本書は、そんな悩みや疑問を解消し、

「好き」に向かって動けばあらゆる問題がクリアに!

4つの力と5つの原則で人生を変えるかもしれない1冊です。

特に求職中の時に元気をもらいました
自分を磨くことは必要だけど、結局は行動することが大切です。

私は何かにつけて物事に理由をつけていました。「好きなことを仕事なんて…」とか。
でも、読んでて現実の世界に引き戻してもらった気分でした。
普段から自分のことを反省しすぎの人は、この本を読んで初めの一歩を踏んで実りある人生を歩んで行って欲しいです。

教科書の買取はこちらからどうぞ。

暗殺教室を買取しました

316KOOC3KKL._SL500_AA300_

 

はじめは友達が教えてくれたのがきっかけで気がつくとハマっていました。ですが、漫画に興味が無い私は最初感心がありませんでしたが、ちょっとした用事で漫画喫茶に言った際に手に取って読んでみました。

読んでみた感想は今までにないマンガという印象を受けました。

地球を破壊する謎の生命体がなぜか落ちこぼれクラスの担任としてやって来て、生徒らは殺し屋となってこの謎の生命体を殺す事を政府より依頼される。

とまあでたらめで、全く現実味がない漫画です。

ここまで現実離れした設定にハマりこういった話を思いつく発想力に思わず関心してしましました。

基本のストーリーは、生徒たちが担任を殺そうと努力すればするほど、担任と生徒たちの絆が深まっていくという不思議な話。
人間離れした担任の先生の能力の凄さの割には、極めて人間っぽい欠点がいくつかあって、その欠点が出てくるたびに説明が入るというような小ネタもおもしろいです。
ネタを割らないように魅力を説明するのは難しいのです。でも、考えられないようなことを「くだらない」と切り捨てるような人でない限り、少なくとも一回手に取るくらいの価値はあると思います。
だから、漫画喫茶等で一回読んでみればいいのではないかと思います。

私も漫画喫茶で読んで、ハマった者のひとりです。
なので一度、読んでみるのがいいかと…。

漫画買取のメニューはこちらからどうぞ。

「命の値段」はいくらなのか? —”国民皆保険”崩壊で変わる医療を買取しました

4041105110

 

本の帯の「400万円払いますか?それとも死にますか?」という衝撃的なキャッチコピーが目に留まり死にたくないと思って思わず手に取りました。

財政難で国民皆保険が崩壊していたり、医療事故が相次ぎ起き、日本の医療の評価が落ちていたりしている日本の現状を述べつつ病気や老化と今後どういう風に向き合って行くべきかというのがこの本の視点で、経済学の視点で医療政策のあり方を提言しています。

高齢者の増加と高額医療の出現により医療過剰に消費される日本の現状。そして、近づく国民皆保険崩壊の可能性…

未来の医療の方針を見極めつつこのような現状の中で行政、医師、患者は何をすべきか。そして日本の医療はどのように変わるべきかを問うています。

読み終わった後、日本人が、当たり前のように受けている国民皆保険制度の大切さについて考えるきっかけになりました。

現在の医療サービスの何を維持し、何を省くべきなのか、国民皆保険制度を今後も堅持するために国民全員が議論すべき必時期にきていることを感じました。

病気や老いとの向き合い方をもう一度考えるために必携の一冊だと思います。

 医学書の買取はこちらからどうぞ

1億人のための統計解析 エクセルを最強の武器にするを買取しました

417dxIqXUsL._AA300_

 

著者の前著が人気だったので、気になって買ってみました。

統計なんて、高校生の時の数学の授業以来、縁のなかった私が、
仕事で必要となってしまい、「どうすれば良いのかわからない」と思っていた時に偶然に本屋で出会った本です。
その時は出版されたばかりだったらしく、平積みされている緑色が目に入って、
手に取り直ぐに購入し、今日までずっと役立ってます。

私は統計学は難解でよくわかりませんが、データは仕事でよくいじることが多いので、そんな私でもそれなりに理解できました。

以前から毎日結果を出さなければいけないビジネスパーソンが実際に使える書籍はほとんど見当たらないと感じていました。
しかし、この本はそういった書籍とは違い課題解決のために解析作業を単純化すること、使うツールは、ほとんどのビジネスパーソンのPCに入っている「エクセル」を使うこと。
この2つの割り切って、現場の課題解決に役立てる方法を手元にあるデータを使うことによって提案している。
「仮説は最初に立てるな!」という主張も、意外性がありためになり、サンプルデータもダウンロード可能になっていて便利でした。

 専門書の買取はこちらからどうぞ

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら