1. 本買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取価格情報
  3. 専門書

お得な情報満載!! 買取価格情報

はじめてのバイオインフォマティクス買取

はじめてのバイオインフォマティクスの画像

 

本日、本買取アローズにて「はじめてのバイオインフォマティクス」を買取いたしました。
「はじめてのバイオインフォマティクス」とは生物学分野で、生命が持ってる遺伝子やタンパク質の構造といった情報を分析して生命について調べることです。こちらの専門書「はじめてのバイオインフォマティクス」は生物学分野が初めての初心者を対象に、分子生物学の基礎からはじまり、バイオインフォマティクスについての基礎から最先端の情報などを1冊にまとめて解説している本です。2006年に講談社から発売された「はじめてのバイオインフォマティクス。どのように生物学に考え、どういう風な解説を起こせば良いかなど、初心者に上手く伝えようとしている専門書ですね。専門書にはそのページに使用されたリンクも載っているので、そこから調べて勉強をする意欲がわきますね。バイオインフォマティクスというものが、生物と情報科の複合領域で、タンパク質とゲノムの構造を解析していくということがわかります!研究予算が低い日本はこれからどうやって研究を進めていくのか気になりますね。生物学について基礎から学ばれている学生の方で、まだ「はじめてのバイオインフォマティクス」を読んだことがない人にとって本買取アローズスタッフもすごくオススメをしたい1冊ですので、この機会に読んでみてはいかがでしょう!
また、本買取アローズでは藤博幸氏の著書で「はじめてのバイオインフォマティクス」のほかに「タンパク質の立体構造入門 基礎から構造バイオインフォマティクスへ」や「タンパク質機能解析のためのバイオインフォマティクス」といった専門書の買取も行っています。もし自宅にこれらの専門書「はじめてのバイオインフォマティクス」などが眠っていれば、ぜひ本買取アローズにお売り下さい。その他専門書の買取をお考えの方は、本買取アローズの専門書買取ページをご覧下さい。買取の際に、大口査定や期間限定の高価買取査定キャンペーンもございますのでチェックをお忘れなく。宅配買取なので、申し込み後はお客様のお宅まで買取の品を集荷にまいります!また、宅配買取メインの経営をしているのですか、人件費をコストカットした分はお客様の査定額に上乗せしております。本買取アローズは、お客様の皆様からいつも高評価をいただいております。本買取アローズのサービスや高価買取価格については、本買取アローズスタッフも自信と誇りをもっています。どこに買取をお願いしようか待っているならば、どうぞ本買取アローズをお選びいただけますと、幸いでございます。

明解 ゼータ関数とリーマン予想を買取

明解 ゼータ関数とリーマン予想

本日、本買取アローズにて専門書「明解 ゼータ関数とリーマン予想」を買取いたしました。
「明解 ゼータ関数とリーマン予想」はタイトル通りリマーンゼータ関数について書かれた専門書ですが、そもそもリーマンゼータ関数をご存知の方は少ないかもしれません。ゼータ関数とは、数学で使われる複素関数と呼ばれる関数です。ゼータ関数は数学以外にも物理学など様々な分野にも応用されていますが、これらの関数のなかで非常に古い歴史を持つのがリーマンのゼータ関数です。そんなゼータ関数に関心がある方にオススメしたいのがまさにこちらの専門書「明解 ゼータ関数とリーマン予想」です。リーマンゼータ関数に関する書籍は、H.M.エドワーズの「Riemann’s Zeta Function」という洋書がありますが、その内容が翻訳されたものがこちらの「明解 ゼータ関数とリーマン予想」です。数学科に携わっている方で、気になる方はぜひ「明解 ゼータ関数とリーマン予想」を読んでみてください。
「明解 ゼータ関数とリーマン予想」はこれまでリーマン予想について学んできた人たちにとって待望の専門書だと思います。リーマンゼータ関数は歴史的にも古い関数でありながら、日本語訳がなかなかありませんでした。そのため、今回のリーマンゼータ巻数の名著のエドワーズの翻訳本は待ちに待った専門書だと言えますね。構成としては、第1章よりリーマン論文、第3章にはそのリーマンの主要公式、第4、5章には素数定理とド・ラ・ヴァレ・プーサンの定理について述べられています。また、ゼータ関数の増大と零点の分布、フーリエ解析など専門的な内容となっています。また、付録にはなんとリーマンの「与えられた数より小さな素数の個数について」などゼータ関数について書かれた大ボリュームの内容になっています。少し難しいかもしれないので、入門書ではなくある程度学んできた中級者向けのように思います。リーマンゼータ関数をより理解したい人はこちらの専門書をぜひ一度読んでみてはいかがですか?
本買取アローズでは、引き続き専門書「明解 ゼータ関数とリーマン予想」の買取を行っていますので、もしお持ちの方で買取を申し込みたい方は本買取アローズの専門書ページに詳細を記載しているので、そちらをご覧ください。また、本買取アローズは他の専門書の買取にも力を入れています。専門書でなくても構いません。漫画や参考書ビジネス書といった本から、DVD・CDや幼児教材まで幅広く買取しています。売りたい本や教材などがある方は、ぜひ本買取アローズをご利用ください!毎月10名様限定で現金10,000円のプレゼントキャンペーンもしていますよ!

専門書が伝えないがんと患者の物語を買取ました

専門書が伝えないがんと患者の物語

本日、本買取アローズの専門書部門にて「専門書が伝えないがんと患者の物語」を買取いたしました。
日本の三大疾病の一つとして挙げられるぐらい私たちの身近になっているのが「がん」です。しかし、がんのことなんて考えたくもないし、どこかで自分には関係ないことと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、いざ自分ががんだと宣告されたら、慌ててがんの知識を詰め込むことになりますよね。こちらの専門書は、2010年から2012年まで「週間新潮」に連載されていた「がんの練習帳」をまとめたものです。がんと宣告されたときの心構えや、治療費の問題、医者とのつき合い方、放射能のリスクなどが解説されていて、がん治療を受ける患者の本当のところまでわかりやすく書かれています。再編集や大幅に加筆がされているために、一度読まれた方も、もう一度読んで満足できる内容ですよ。
この本の特徴は専門書でありながら、ストーリー形式でがんについて書かれていることです。専門書でがんについて書かれると、どうしても医学的な方面でがんについて書かれていない本が多いように思いますが、「専門書が伝えないがんと患者の物語」では、タイトルどおりの物語で進められています。そのため、まるでドラマを見ているかのように読み進めていくことができ、専門書であるということを一瞬忘れてしまいそうになります。次に、がんの病気としての描写だけでなく、その時にかかる費用についてもこの本で書かれているのが特徴です。がんにかかると、もちろん自分のその後の健康が重要ですが、次にその治療費が一体いくらかかるのか心配になる人が多いとですよね。例えば、「専門書が伝えないがんと患者の物語」の中で、妻ががんになった夫婦が取り上げられています。夫の会社が業績不振によりボーナスがカットされ、妻も体調不良のためパートを続けることが難しくなる中、まだ中学生の息子の教育費と妻のがんの治療費をどうするかと葛藤が描かれています。ストーリー形式なので、非常にリアリティがあり、思わず自分の将来を考えてしまいます。「専門書が伝えないがんと患者の物語」を読んでがんについて考えてみませんか?
本買取アローズは、がんをストーリー形式で詳しく書かれた専門書「専門書が伝えないがんと患者の物語」をまだまだ買取をしております。こちらの本を売りたいとお考えの方は、専門書買取ページをご覧下さい。また本買取アローズでは、専門書をはじめ色々なジャンルの本を買取対象としております。漫画、洋書、参考書などなんでも取り扱っていますので、この機会にご自宅のいらない本を整理してみてはいかがでしょうか。

記憶をあやつるを買取ました

記憶をあやつるの画像

本日、専門書「記憶をあやつる」を買取しました。記憶をあやつるって、そんなSFみたいなことができると皆さんは想像できますか?そもそも記憶を操るとはどいうことをするのでしょうか?こちらの専門書では、実際には経験していないのに、あたかも経験したかのように記憶させることで脳を操るというのです。「記憶をあやつる」は記憶形成に関する分子を発見し、分子レベルで記憶を操作する可能性を見つけた井ノ口馨さんによって書かれた「記憶」に関する脳研究を解説した本です。実際に経験していない記憶をつくりだす実験など、とても興味深い最新の脳研究について紹介されていて、非常におもしろい内容です。専門的ではありますが、内容は一般読者にもわかりやすく解説されているので読みやすいです。
こちらの専門書の構成としては、第1章に脳研究の歴史、第2章に脳の基礎知識、そして第3章以降からは記憶のしくみについて書かれています。この本の一番のメインテーマはやはり第3章以降の記憶についてですが、冒頭の部分も非常に興味深い内容になっていますよ。例えば、皆さんは1988年にアメリカで公開された「レインマン」という映画をご存知でしょうか?こちらの映画は生き別れになった兄弟のストーリーなのですが、映画の内容というよりも登場人物で非常に注目された映画なんです。それはサヴァン症候群の兄でした。サヴァン症候群の人は知的障害や発達障害を抱えていますが、一方で驚異的な記憶力や計算力など、ある特定の分野で天才的な能力を持っています。こちらの本ではそういったサヴァン症候群を皮切りに脳の不思議について書き始めています。脳科学という少し難しい分野の本ですが、部分的にちょっとしたストーリーなどが入っているので、興味本位で読み始めても大丈夫ですよ。むしろ、あまり脳科学について知らなかった人には、この本を入門書として読んでほしいですね。
脳科学の世界は、私たちが思っている以上にまだまだ謎が多くて奥深い分野です。今後の研究にも注目していきたいですね。脳科学の世界に興味のある方は専門書「記憶をあやつる」をぜひ読んでみてください。本買取アローズでは「記憶をあやつる」を書かれた井ノ口 馨さんの著書「記憶をコントロールする 分子脳科学の挑戦」の買取も行っていますので、詳しい専門書の買取情報は専門書買取ページをご覧下さい。皆さまの自宅にある専門書があればぜひお売り下さい。また、漫画や教科書などの幅広い分野の本を買取していますのでお気軽にお問い合わせ下さい!本買取アローズ一同お待ちしております!

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら