1. 本買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取価格情報

お得な情報満載!! 買取価格情報

「カラスの教科書」を買取りました。

カラスの教科書

みなさん、こんにちは。本日、本買取アローズではちょっと変わった教科書、「カラスの教科書」を買取致しました。

「カラスの教科書」は松原 始さんによる、町でよく見かけるあの黒い鳥「カラス」について書かれた本です。 みなさんはカラスにはどんな印象をお持ちでしょうか。

ゴミ袋を破いて、ゴミ捨て場を荒らしたり、マンションの屋上に集団で留まって、カーカーと騒いだり。あまりよくない印象の方もいらっしゃるかもしれません。 この「カラスの教科書」は、そんなカラスの行動をつぶさに観察し、カラスを追い続けた著者が、ユニークな切り口でカラスの生態を解説している教科書なのです。

著者の松原 始さんは動物行動学を専門にされている方です。そんな方が書いているなんて、ちょっと難しそうだなあ、と尻込みしてしまいますが、本を手にして目に飛び込んでくるのは、表紙のなんとも癒し系のカラスのイラスト。

表紙を開いて目次を見てみると、「カラスという鳥はいません」や「カラス君の家庭の事情」など、親しみやすく興味を惹かれる文が並んでいます。さらに読み進めると、文章には著者の色んな種類のカラスの繊細なスケッチや、表紙のカラスを描いたイラストレーターによるゆるいカラスのイラストが文に添えられています。

また、Q&A方式でカラスについての些細な疑問を解説していたり、カラス語の解説もあったりと、とても読みやすく面白い本になっています。 ただ、面白いだけではなく、カラス避けの効果やカラスにはごみがどう見えているか?というお話も載っているので、カラスにお悩みの方も読んでみると発見があるかもしれません。

「カラスの教科書」を読んでから、とても身近にいるのに良く知らなかったカラスを街中で見かけると、少し足が止まるようになってしまいました。 どんな層でも楽しく読めるようになっている「カラスの教科書」。

あなたもこの機会に「カラスの教科書」を読んで、街中で見かけるカラスを少し立ち止まって観察してみてはいかがでしょうか。

本買取アローズでは「カラスの教科書」など、教科書や専門書を高価買取しております。家に眠っているもう読まなくなってしまった本などがありましたら、本買取アローズへご相談ください。

宅配買取など、便利なサービスが手数料がかからずにご利用いただけます。ネットやお電話で簡単にお申し込みが出来ますので、本のご処分を検討されている方は、是非ご利用ください!買取出来る主な商品は買取商品一覧ページにてご確認ください。

専門書「多肉植物ハンディ図鑑」を買取しました!

専門書 多肉植物ハンディ図鑑

みなさんこんにちは。今日は専門書「多肉植物ハンディ図鑑」を本買取アローズにて買取致しました。

みなさんはサボテンや多肉植物はお好きでしょうか。この「多肉植物ハンディ図鑑」はそんな多肉植物のお手軽なサイズの植物図鑑です。

ぷっくりとした肉厚の葉や、独特な形状、色、とげの有無、小ぶりなものから大きくなるものまで、多彩な品種がある多肉植物やサボテン。お家で育てたりしている方も多いと思います。この「多肉植物ハンディ図鑑」は数ある多肉植物の中から、人気のある多肉植物約700種、サボテン約100種、合わせて800種類を紹介している専門書です。

図鑑と言えば大きくて重く、かさばる、そんなイメージがありますが、こちらはソフトカバーのハンディサイズになっています。しかも、お手軽なサイズとは裏腹に、多肉植物の魅力の一つである独特の見た目も楽しむことが出来るように、フルカラーの写真付きになっており、多肉植物やサボテンの個性的な風貌を存分に堪能することが出来ます。

しかし、それだけではありません。掲載順は、科別、属別にまとめられており、またよく似ている種が近くに載っている為、名前が分からない種を調べたりしやすいようになっています。

さらに属ごとに特徴や栽培の際のポイントを掲載し、各種ごとの栽培で注意したいポイントも掲載されているので、サボテンや多肉植物を枯らさずに育てるのにも役に立ちます。

他にも、植え替えや寄せ植えの方法、種まきの仕方など、育て方の基礎も解説されており、ハンディなのに、とても便利な一冊となっています。

多肉植物やサボテンに興味があり、これから育ててみたい、もっと知りたい!という方におすすめです。写真も多く載っているので、暇なときにぺらぺらとめくってみて、写真集として楽しんだりするのも楽しいですよ。

ハンディサイズなので、持ち歩いて出先で出会ったサボテンや多肉植物を調べてみたりしても面白いです。この機会に、お手に取って頂き、多肉植物やサボテンの魅惑的な世界に、足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

本買取アローズでは、「多肉植物ハンディ図鑑」を含めさまざまな本を買取しています。徹底的なコスト削減により、業界トップクラスの買取価格を実現し、また買取が初めての方でも安心してご利用頂けるよう、過去の買い取り実績や買い取り金額を公開しています。

買取の際にかかるお手数料もございませんので、もし不要になってしまった本などがございましたら、是非、本買取アローズへ!専門書以外の買取は買取商品一覧ページをご覧ください!

アクション漫画「CLOTH ROAD」を買取りました!

アクション漫画 CLOTH ROAD

本買取アローズで漫画「CLOTH ROAD(クロスロオド)」を買取しました!

近年、電子機器の小型化が進み、最近では「ウェアラブルデバイス」という衣服などのように身に着けたまま使うことが出来るものまで登場しています。 漫画「CLOTH ROAD(クロスロオド)」は、そんなウェアラブルデバイスの未来を彷彿とさせる、ファッション×アクション漫画です。

「CLOTH ROAD」の舞台は、コンピューターのテクノロジーが発達し、極限まで小型化された結果、服とコンピューターが融合を遂げた時代。

服をデザインし生み出す服飾ブランドが世界に大きな影響力を持ち、なかでも強い力を持つ「トップブランド」と、そこで服を仕立て上げる「デザイナー」。服の機能を引き出すことができる「モデル」と呼ばれる人々が、世界を動かす力を持つようになります。

一方で貧富の差も大きくなり、特に貧しい人々はスラムで暮らしています。本作の主人公の一人、ファーガスもその一人。 主人公のファーガスは、生後すぐ捨てられ、コロネットという貧民街で、親方デザイナーのグスタフに仕事を教えてもらいながら暮らしています。

そのころ貧民街では「ウォーキング(WAR-KING)」という、モデル同士が服の機能を使い決闘をする見世物が流行っており、トップブランドとは縁遠い、無名のモデルやデザイナーが、それぞれの野望を胸にひしめいていました。

ファーガスも、いつかトップデザイナーになることを夢見ながら、貧民街の「WAR-KING」に出場している2流モデルの為に服をデザインしていました。ある日別の町からやってきたモデル、美美介に手も足も出せずに敗北し、担当モデルから腹いせに罵倒され、決別してしまいます。

その帰り、グスタフがナノマシンに感染し倒れたことを聞かされますが、治療には大金が必要。そんな金はなく、モデルとも決別してしまい八方塞状態になり、投げやりになってしまうファーガス。 そんなファーガスのもとに、ファーガスの双子だと名乗る、ジェニファーという少女が現れるところから物語は動き出します。

ファーガスとジェニファーの成長していくストーリーや、個性的なモデルたちの衣装を使った優雅なアクションシーンも素晴らしいですが、見どころはやはり登場する独特なデザインの衣装です。

ブランドによってデザインにくせがありますが、見事に描き分けられており、様々なデザインの衣装をまとった個性的なモデルが多数登場し楽しませてくれます。 服に限らず、小物や建物なども凝ったデザインになっており、それに注目して読んでみるのも面白い漫画ですよ。

この機会に「CLOTH ROAD」、お手に取ってみてはいかがでしょうか。 本買取アローズでは、積極的に古本の買取を行っています。大切な本も、本買取アローズの専門スタッフが、スピーディかつ丁寧に査定し、高価買取させていただきます。

読まなくなってしまった本が有りましたら、是非、本買取アローズご相談ください。申し込みの際は「漫画買取ページ」も合わせてご覧ください。

漫画「百鬼夜行抄」を買取りました!

漫画「百鬼夜行抄」

皆さんは幽霊や妖怪の存在を信じていますか? 信じていても、信じていなくてもホラーが好き、本買取アローズが今回買取した「百鬼夜行抄」はそんな方におすすめな漫画です。

「百鬼夜行抄」は今市子先生による漫画で、1995年から「ネムキ」という雑誌で連載が始まり、現在は「Nemuki+(ネムキプラス)」という雑誌で連載が続いている漫画です。 主人公は、作家であった「飯嶋蝸牛」の孫である、「飯嶋律」という青年。

彼は一見普通の青年ですが、実は不可思議な力のあった祖父からの遺伝により、普通の人々には見えないモノ、いわゆる霊や妖怪やそれ以外の物、などの「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」が見えてしまう体質を持っています。ただ、主人公にはそういったものを見て、意思疎通などをすることはできるのですが、悪い霊を追い払ったり、除霊したりする力はありません。

それゆえ、霊に付きまとわれたり、人にとりついているのが見えても何も出来なかったり…魑魅魍魎(ちみもうりょう)に振り回される日々を送ることに。そんな体質の主人公が遭遇する、奇妙な現象を描いた作品です。

ホラー漫画ということもあり、不気味で恐ろしいお話もやはりありますが、他にも感動的なお話であったり、とても後味が悪いお話だったり、面白いお話だったり、一口にホラー漫画と言ってしまうには勿体ないというほど様々なエピソードが描かれています。

また、だいたいは一話ごとに完結する形式で描かれているため、とても読みやすくなっていますよ。

そして主人公・飯嶋律に関わる周囲の人々もさることながら、彼の父・孝弘にとりついている気まぐれな妖怪、青嵐(あおあらし)や、普段は鳥の姿で飯嶋家の庭に住んでいる使い魔の尾白・尾黒など、登場する妖怪までもが個性的で中にはどこか可笑しく親しみやすい姿のものも。

そんな普通の世界とは違うあやかしの世界を、美麗な絵で垣間見ることが出来る漫画です。ホラー漫画が大好きな方はもちろん、怖いのは少し苦手だけどでも読んでみたいという方、また絵がキレイな漫画が好きという方にも是非読んでいただきたい作品です。

気になる方は是非、この機会にお手に取ってみて下さい。本買取アローズでは「百鬼夜行抄」の高価買取を行っております。また、漫画に関わらずもう読まないなという本があれば、ぜひご相談くださいませ。専門スタッフによる査定と買取業界トップクラスの買取価格で、大切な本を買取させていただきます。

また中々そんな時間がない、数が多くて持ち込むのは難しい!という方でも、宅配買取や梱包キット、お申し込み当日の集荷などなどご利用しやすくなるようなサービスを多数ご用意しております。本の処分をお考えの方は、ぜひ本買取アローズへ。「漫画買取ページ」も合わせてご覧ください。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら