1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 咲-saki-

咲-saki-

2015日迄

  • 咲-saki-の画像
  • 本
咲-saki-の漫画やその他咲-saki-の関連グッズがご自宅にございましたら、是非本買取アローズにてお売りください!!

主な咲-saki-

  • 咲-saki-の抱き枕カバー:29,500~47,000円
  • 咲-saki-のバニーVerフィギュア:24,167~28,500円
  • 咲-saki-のスペシャルBDボックス:19,945~20,300円
  • 咲-saki-のBlu-ray1~7巻セット:13,000~19,000円
  • 咲-saki-のクリアポスター:9,800~11,000円
  • 咲-saki-初回限定盤:7,000~9,815円
  • 咲-saki-実写ドラマBlu-ray:3,500~8,000円
  • 咲-saki-の図書カード:5,000~7,000円
  • 咲-saki-の目覚まし時計:4,270~7,000円
  • 咲-saki-のシリーズ38巻:4,670~9,000円

咲-saki-の買取実績

以下は、咲-saki-の買取実績とご利用頂いたお客様の感想をご紹介いたします。

  • 咲-saki-の画像

    咲-saki-コミックセットを9,340円で買取りしました!!

    咲-saki-のコミックやいらなくなったグッズも一緒にまとめて出しました。本だけじゃなくて関連グッズも買い取ってもらえるのは、なかなか僕の中では聞いたことが無かったのでネットで見つけたときの喜びはとても大きかったです(笑)それにしても、高い査定額がついてたことにはびっくりしました。また利用します。

    和歌山県 UK様 30代 男性

  • 咲-saki- の画像

    咲-saki- 映画Blu-rayなどを10,120円で買取ました!

    咲-saki- のDVDなどをまとめて売りました。前回も利用したんですが、それなりの良い対応だったので、今回も売ろうと思い売りました。前回と同様とても査定額が良く、買取も最後の入金まで問題なくスムーズに行えることが出来たので満足してます♪

    秋田県 HI様 40代 女性

買取お申し込みはこちら

咲-saki-

「咲-saki-」 は、日本の麻雀漫画です。漫画だけでなく、実写で映画公開されるなど知っている方も多いと思います。麻雀がキーワードで、麻雀が、世の中に浸透してきたという架空の世界で主人公は、そんな麻雀の競技会に参加するなど麻雀の腕を競いあうというものになります。読んでいるとハラハラドキドキ満載で、大人の方だけでなく、子どもでもついつい麻雀世界に入り込んでいってしますという内容になっているので、読まないと損ですよ!「咲-saki- 」はいろいろな月刊や雑誌で紹介されたり、連載されるなどまだまだ人気上昇の漫画なので、まだ読んだこと無い方は必見です。
本買取アローズでも「咲-saki- 」の漫画、映画、その他咲-saki- のグッズまでも高価買取しております。是非、お気軽にお売りくださいませ。

新刊高額買取保証!1ヵ月以内の定価なんと40%!

漫画って次から次へと新作が出てきますよね。でも、いざ買ったものの「なんでこんなの買ったんだろう」「買ったのに捨てるのはもったいない」なんて事ございませんか?
こういった時に買ったばかりの商品を買取に出しても人気の商品でもない限り4分の1以下の値段しかつかないなんて事は少なくありません。
そういったお客様のお悩みにお応えするために本買取アローズでは発売月から一ヶ月以内の商品であれば定価の40%以上で買い取らせて頂いております。
また、それだけでなく!発売月から三ヶ月以内の商品であれば定価の20%以上で買取させて頂いております。
対象商品の条件は以下になりますので確かめた上でお申し込み頂きますようお願い致します。

業者が自宅まで集荷に伺います!

商品をわざわざ持っていたりするのって面倒じゃないですか?
そんな方に利用してほしいのが当店の「宅配買取サービス」♪
無料でできちゃうので、安心かつダンボールがない方には無料で宅配キットもお届けしております。
是非、この機会にご利用下さい。

咲-saki- のキャラクター紹介!

【宮永 咲(みやなが さき)】
物語の主人公です。性格は気がとても弱くて、なおかつ泣き虫のTHE女子。でも、麻雀にに関しては「見える」というほどの驚異的な感覚の持った打ち手で、「リンシャン」が彼女の得意技です。

 

【原村 和(はらむら のどか)】
漫画のような巨乳えスリムが特徴の美少女です。全国の中学生麻雀大会では、個人戦で優勝するほどの腕前で、決して運には頼らないという理論派の打ち手です。

 

【片岡 優希(かたおか ゆうき)】
清澄高校の1年生で、原村とは中学時代からの友人です。性格は、非常にお気楽かつ寛大のある持ち主ですが、麻雀ではスピードのはやい速攻の打ち手であり、東場ではその強さを発揮しますが、南場になると集中力が切れてしまい、よく失速します。好きな食べ物はタコス。

 

【染谷 まこ(そめや まこ)】
清澄高校2年生の、牡蠣で有名な広島県民。広島にすんでいるため、しゃべり口調も広島弁で、「~じゃろ」と言います。麻雀では、染め手を得意としています。まこは、実家が麻雀を経営しており、その関係で膨大な量の対局を記憶していて、その記憶をたどりながら戦術に組み込んでいます。

 

【竹井 久(たけい ひさ)】
清澄高校3年生の学生儀会長であり、麻雀部の部長でもあります。麻雀部は廃部寸前でしたが、再度立て直し、インターハイ優勝を目指し、静かな闘志を燃やします。理論派のアナログよりは、デジタル派で、状況によってセオリーを無視した打ち方も出来ます。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら