1. 本買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取価格情報
  3. 2016年7月

お得な情報満載!! 買取価格情報

闇金ウシジマくんを買取ました

闇金ウシジマくんの画像

本買取アローズで「闇金ウシジマくん」を買取いたしました!
こちらの漫画はビッグコミックススピリッツにて、今でも連載されている人気作品です。2004年から10年以上も続いている長期連載作品で、本の既刊も30冊を超えています。スピリッツの柱的な存在の漫画です。なんとこの「闇金ウシジマくん」は山田孝之さん主演でテレビドラマ化され、さらに映画も公開されたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。山田孝之さんの演技がすごくて、本当にウシジマくんだと驚いたものです。実際にウシジマくんがいたら、あんな感じだったんでしょうね。通常では考えられないような暴利でお金を貸している闇金融「カウカウファイナンス」の社長・丑嶋馨の日常と、そこに訪れるお金に困った人たちや、その周囲を取り巻く人間関係を描きます。普通のサラ金ではお金をかしてもらえないような人々が、このカウカウファイナンスにはやってきます。サラ金ではもうお金を借りれない理由がある人って想像がつきませんが、こちらの漫画にはたくさん出てくるので驚きます。主人公の丑嶋が様々な事情を抱えた債権者をありとあらゆる手で追い込んでいく話で救いようのないエピソードがとても多くて陰惨な内容である意味問題作ではありますが、逆に闇金の恐ろしさを痛いほど痛感する漫画です。普通の人だったのに、覚せい剤によって廃人となってしまう人、洗脳され自分では普通しないだろう、という判断ができなくなってしまい人を殺め、人間をミキサーで粉々に読み終わったあとは、真っ当に生きようと思ってしまいますね。本当、お金の使い方はちゃんと考えないとダメみたいです。恐ろしいことになるようです。日本にはたくさんの漫画があります。夢や希望だけが漫画で描かれている世界じゃありません。現実にも起こりうる、とてもリアルな漫画もあるのです。ファンタジーなどとは違った、ゾッとするような、でも非常に理解ができてしまう、そんな漫画です。長期連載とあって、巻数も多く出ているので古本でもゲットしやすくなっていますよ!興味のある方はぜひ「闇金ウシジマくん」を読んでみてください。
本買取アローズでは、「闇金ウシジマくん」などの人気漫画を積極的に買取っております。漫画の買取情報は漫画買取ページにて詳しくご覧になれます。本買取アローズの買取でしたら、漫画以外の教科書やビジネス書といった本の買取も簡単にできますので、ぜひ本をお売りになる時は本買取アローズをご利用ください!

37歳からの仕事と恋愛の教科書を買取ました

37歳からの仕事と恋愛の教科書の画像

本日、「人生が思い通りになる37歳からの仕事と恋愛の教科書」を買取いたしました。
こちらの教科書は、人気エステ「スリムビューティハウス」の営業トップにのぼりつめた曽根原容子さんによって書かれた本です。人気エステの最強マネージャーが、女性ならではの経験を元に、女性の人生観のコーチングした内容の全てが詰まっているのがこの本です。この教科書によると、女性は40歳を超えてもまだまだ成長の余地があり、その時に差をつけたければ、30代のうちに自分の人生観を振り返って準備をすることだそうです。そしてその準備のラストチャンスが、「人生が思い通りになる37歳からの仕事と恋愛の教科書」の本のタイトルとなっている37歳なのだそうです。ちょっと教科書の内容に触れてみると、賢い女性は、社内の派閥や政治の中で突出した存在になる、女の色気はビジネスにおいては一切必要ない、恋人のスマートフォンの中には幸せはない、などなど…。これだけで、確かに成功しているイメージがある女性ってそんな人かもしれない、と思い当たる節がありますよね。特に女性に多いのは、恋人の携帯電話の内容が気になって見てしまうなどはしてしまうことでしょう。「人生が思い通りになる37歳からの仕事と恋愛の教科書」によるとその行動はダメみたいですね…!なぜダメなのか、どんな理由でどんな行動をすればいいのか、この本を読めばわかります。日本の平均寿命は延びに延びて、女性は平均寿命は80歳を超えています。つまり40歳になってようやく人生の半分にくるということ。その残り半分が37歳で決まるというなら、もうこの本を読んで備えておくしかないですね。もちろん37歳を過ぎてしまっていても、何歳から始めても女性は輝けるはず。チャンスはそう何度もやってこないのだから、少しでも素敵な女性になりたいって人は今から始めてみましょう。またこちら「人生が思い通りになる37歳からの仕事と恋愛の教科書」は、女性だけでなく男性にも読める本で、女性ならではの苦労や努力など、男性にはあまりわからないことも記されているので、男性の方でも相手の女性への対応や気持ちを考える上で参考にできる一冊だと思います。興味のある方、自分の人生をよくしたい方は読んでみてください。本買取アローズでは、こちらの教科書を始め様々な本を買取しています。教科書や専門書が多くて困っている人は、是非本買取アローズの宅配買取にてお売りください。教科書の買取情報は教科書買取ページををご覧ください。高額買取の一例や買取実績を公開しております。

ダイバーシティの教科書を買取ました

ダイバーシティの教科書の画像

本日、本買取アローズにて「この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書」を買取いたしました。
「ダイバーシティ」て、あまり聞きなれない言葉ですよね。「ダイバーシティ」とは、企業経営や人材戦略の「多様性」を意味する言葉です。経営や人事に関わる人たちの間で徐々に浸透しつつあるワードです。現在の日本の労働者人口は、正社員以外の派遣労働者や契約社員、パート・アルバイトといった非正規雇用の割合が40%にも達しており、働き方を選ばない「働き手の多様化」が進んでいます。それは非正規雇用のみにかぎらず、女性の本格的な社会進出や、外国人労働者の雇用など、その働き方は現在では多岐に至ります。大企業などでは、雇用者のうち何%とかはそういった雇用をする必要がある法律などがすでに制定されているケースもあります。いかに日本でも雇用方法のジャンルが増えているかがわかります。こちらの教科書では、働き手の人材育成に取り組む中での多様性の重要性をテーマにした本で、女性、若者、シニア、障害者、派遣社員といった人材の活かし方、介護と仕事の両立といった問題についてなど、1章ごとに丁寧に解説されています。ですが、日本ではまだまだ「ダイバーシティ」という言葉は馴染みの浅いものになります。本教科書にてまず働き方のダイバーシティにおける重要性や、今の企業の雇用形態からどういった形で変えていけばいいのか、どうすればスムーズに、ベストに改革を進めていけるのかといったポイントが記載されています。女性のキャリアの底上げのために、どういった支援をしていけばいいのか、シニアと呼ばれる世代を活かせるにはどうすればいいのか、これまで日本では当然とされてきた勤務時間の決まりなど、グローバル化した現代ではどういった設定がいいのかを丁寧に解説してくれます。また、最近では新入社員の離職率が上昇傾向にあるなど、働き方が多様化したことによる離職問題なども多く顕在しています。そういった問題ともどう向き合っていけばいいのか、一つの指標となってくれる教科書になっているので、人事や管理職の方にも読んでおいてほしいと感じます。企業におけるダイバーシティを推進するための手軽な入門書として、企業経営者や人事に携わっている方にはオススメの一冊です。
また、本買取アローズではこちらの教科書の買取も受付中です。もちろん「この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書」以外の教科書も絶賛買取いたします。どんな教科書が高額買取となっているかなど、教科書の買取情報は教科書買取ページをご覧ください。

知っておきたい認知症の基本を買取ました

知っておきたい認知症基本の画像

本日、認知症の専門書「知っておきたい認知症の基本」を買取いたしました。
現在、65歳以上の高齢者で認知症を発症している人が非常に多く、今後も認知症高齢者が増え続けるといわれていて深刻な状況となっています。身近に認知症の方がいらっしゃったり、今後認知症に対して不安を持っている方にオススメなのがこちらの専門書、「知っておきたい認知症の基本」です。最近は本買取アローズでも、認知症や高齢者の介護についての専門書を買取る機会がとても増えてきました。「知っておきたい認知症の基本」では、認知症についての基本をはじめ、よく認知症と誤解されがちな記憶障害や物忘れといったことなど、認知症との見分け方についての解説もされています。よく物忘れが多くなると認知症の始まりと誤解している人もいますが、物忘れというのは、年をとるにつれて増えていくのが普通なのです。これは認知症とは違い、人間の構造的にそのように衰えていくだけなので、単なる物忘れは認知症の心配はありません。だからといって、じゃあどうやって見分けるのかを知っていないと見分けられないので、「知っておきたい認知症の基本」で勉強しておくとこれは物忘れだと判断ができます。そうは言っても認知症に知識がないから抵抗があるという方でもわかりやすい本で、家族に認知症の症状が現れた方には特にオススメです。認知症はもはや身近な介護だけでなく、消費者問題や遺言といった法的な問題でも深刻に絡んでくる病気です。特に日本は超高齢化社会を迎えていますので、身近に認知症の人がいなくても、いずれ何らかの形で絡んでくるかもしれません。そういった認知症の問題に、少しでも知識を持っていた方が今後対処しやすくなると思います。「知っておきたい認知症の基本」の筆者の川畑信也氏は、物忘れの外来でたくさんの患者さんを診てきた医師で、認知症のエキスパートでもあります。分からないことは専門家に教えてもらうのが一番。ということで、「知っておきたい認知症の基本」は認知症について非常に理解しやすくやさしく書かれているオススメの専門書となっていますので、ぜひ皆さんも読んでみてください。
また、本買取アローズではこちらの専門書「知っておきたい認知症の基本」を買取受付中です。「知っておきたい認知症の基本」や多ジャンルの専門書の買取も可能ですので、詳しい買取情報についてのことは専門書買取ページをご覧下さい。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら