1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 美術書

美術書買取

2015日迄

  • se02
  • 本

主な美術書

  • 求龍堂
  • 筑摩書房
  • 東京美術
  • 集英社
  • 冨山房インターナショナル
  • サイクルズ・カンパニー
  • マール社
  • 中央公論社
  • 幻冬舎
  • 山川出版社
  • 講談社
  • 明石書店
  • 小学館
  • 平凡社
  • 新人物往来社

美術書の買取実績

ここではみなさんからお売り頂いた本の買取実績をご紹介しています。

  • 西洋美術史入門

    西洋美術史入門など、9点で2,430円で買取!

    本棚に収まりきらなかったので、少し売りました。もう少し安いものかと思っていましたが、良い値段をつけてもらい良かったです。

    鹿児島県 TI様 40代 男性

  • イスラームの美術

    すぐわかるイスラームの美術など、37点で8,810円で買取!

    以前から部屋を整理しようと思いようやく片付きました。思い出深いものもありましたが、部屋も綺麗になりましたので満足してます。

    東京都 YH様 40代 男性

買取お申し込みはこちら

美術書とは

美術書というのは、主に芸術や美術をテーマにした書籍であります。
書籍の形式としてはさまざまな種類がありますが、この分野に限って言えば写真を多く使い、視覚を通して芸術や美術の繊細な部分や美しい部分を読者に伝えている形式が多いのが特徴です。

また芸術・美術書を細かいジャンル別にわけていくと、実にさまざまな種類があります。
一つひとつ上げていくと、グラフィックデザイン、インテリアデザイン、商業デザイン、コンピューターグラフィックス、住宅建築、日本画、東洋画、西洋画、絵画、イラスト画集、デッサン、写真、特殊写真、切り絵、彫刻、陶芸、工芸、仏像、美術史、芸術教育、芸術読み物、芸術理論、伝統文化、絵巻物、浮世絵、書道、仏教美術、骨董、古美術など細かい分野でいえば、ほんとうに多岐に渡ることがわかります。

買取アローズでは、みなさんの不要になった芸術・美術書を高価買取致します。普段読み返すことがなかったり、もう何年も見ておらず要らないなぁと感じている書籍がございましたら、ぜひ一度買取アローズへご相談ください。買取店にまで書籍を運ぶのがご面倒な場合でも、ご自宅まで伺いますので手間要らずです。

代表的な美術書<茶の本>

茶の本の画像

 

美術書をあまり読んだことがない人には、タイトルから内容はお茶のことだろうと思ってしまいそうなのが「茶の本」。この本の作者は、岡倉天心という人物です。あまり馴染みのない名前かもしれません。先に内容をさっとご紹介すると、お茶、というと世間的にイメージされる茶道かもしれませんが、こちらの「茶の本」は茶道について記述されているのではありません。近代の日本では、海外から取り入れられた文化や主義に圧倒され流されて、どんどんと文化が変容していますが、そんな中で日本・東洋の伝統的な文化についてもっと深く知り、解き明かしていこうとした内容になっています。美術書といっても、広く「日本の美」についてとらえた書籍で、茶の中にこそ、日本の美しい文化が集約されている、ということが端的に述べられています。こういった美術書・啓蒙本についても本買取アローズでは買取の対象になっていますので、売りたい美術書がある方はお気軽にお申込ください。
もともと「茶の本」の作者である岡倉天心は、明治の時代に文部省の官僚として、日本美術の復興に力を注いでいました。ある時にボストン美術館で、日本を始めとした東洋の美術の収集をする立場になり、海外にも日本の伝統文化のよさを伝えていくことが自分の使命であるという考えがうまれました。当時は日本もまだ戦争の時代であり、日本の侍が持つ日本魂が日本人だと思われているのが当然でした。天心は、日本の文化の真髄は平和的で慈しみのある面にあると考え、国外にもその心を発信していこうと考え、この美術書「茶の本」が生まれました。原書は英語で書かれており、多くの翻訳本が出版されています。茶についてが中心のテーマとして据えられ、茶の心が日本の芸術・美術にも影響を及ぼしていて、現在の日本美術ができあがったのだということが理解できます。静かな心で、悠然と物事をとらえることができる日本人の精神は、昔から茶や芸術という形で表現され、受け継がれてきています。私たちも、身近な景色や行動でふとわびさびや哀愁を感じることがあります。そういった普段の生活から美しさを感じ取れる感受性こそ、日本人の伝統として育まれてきたものです。「茶の本」は、伝統文化から日本人の善悪の点を私たちに教えてくれる、美術書であり啓発の本です。まだ読んだことがない方は、一度手に取ってみてはいかがですか。本買取アローズで「茶の本」を買取に出そうと考えている人は、気軽にお申し込みをどうぞ。

代表的な美術書<モチーフで読む美術史>

モチーフで読む美術史の画像

 

 

宮下規九朗が書いたのがこちらの本「モチーフで読む美術史」です。「モチーフで読む美術史2」も発売されていて、人気のある美術書です。
美術館に訪れた時、この作品はどう解釈したらいいんだろう、この時代のことはなんとなくしか知らないけど意味がわかるだろうか、と思った経験などはありませんか?「モチーフで読む美術史」は、例えば絵画の中に一つ描かれているモチーフを上げ、美術史を読み解いていく為の美術書の入門書的存在です。もともと雑誌で連載していた分にページの書きおろし、カラーで写真を追加して出版されています。著者の宮下規九朗は他にも多数の著書があり、美術史の専門家として有名な人物です。「モチーフで読む美術史」をはじめ、宮下規九朗の美術書を売りたいときは本買取アローズが積極的に買取をしておりますのでお頼りください。
「モチーフで読む美術史」は、本題に入る前に、自分でも調べてみたい人の為に参考になる本を最初に紹介しています。最後ではなく先に紹介するなんて、筆者の宮下さんの心づかいに感動を覚えました。その後いよいよの本題に入り、各モチーフを取り上げて説明がされています。本の内容の重厚さもオススメですが、一言で感想を述べるならばとてもわかりやすくて、見てて楽しくなる美術書です。全く芸術について知識がなくても、すっきりとした写真で紹介してくれているのですぐにモチーフはこれのことか、と理解できます。また、どっかで見たことがある絵だな、など有名な作品も多く掲載されているので、美術については素人でも見ているだけで楽しいですよ!モチーフは66種類が取り上げられており、一つ一つモチーフが取り入れられている作品の写真と解説がなされています。作品自体の背景はわからなくても、作品内のモチーフから入って美術作品を考察していく、この入門書でその力を身につけて、自分で美術館や作品集で作品を読み解いていくのもいいでしょう。単純に美術作品を眺めるのみでも充分満足できますよ。本買取アローズでは「モチーフで読む美術史」や「モチーフで読む美術史2」などの美術書を始めとした本の買取をしていますので、お売りになろうと考えている場合は、当社の買取申込みフォームからお申込ください。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら