1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 漫画
  4. 4月は君の嘘 全巻高価買取中です!!

4月は君の嘘 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • kimi01
  • 本
4月は君の嘘の単品・セット買取を本買取アローズでは積極的にしています!!4月は君の嘘のことなら、なんでもお問い合わせ下さい!

主な4月は君の嘘 全巻高価買取中です!!

  • 4月は君の嘘全巻セットの買取価格:840~2,950円
  • 4月は君の嘘単品の買取価格:50~250円
  • 四月は君の嘘 僕と君との音楽帳(CD)の買取価格:476~1,700円
  • 四月は君の嘘 ORIGINAL SONG & SOUNDTRACKの買取価格:550~1,925円
  • その他の買取価格につきましてはお問い合わせください。
  • 在庫の状況により変動することがあります。

4月は君の嘘 全巻高価買取中です!!の買取実績

4月は君の嘘の買取実績を紹介いたします。

  • 51p1PZPibxL._AA324_PIkin4,BottomRight,-53,22_AA346_SH20_OU09_

    4月は君の嘘1~10巻セットを2,950円で買取しました。

    部屋の整理をするために持っていた漫画買取に出すことにしました。人気漫画ということもあり高価買取をねらっているところ、こちらのサイトを発見し査定してもらうことにしました。キャンセルも無料でできるということだったので安心して査定にだすことができ、買取価格も希望どおりの金額で満足しています。

    石川県 KT様 20代 男性

  • 61UFSWLDvBL

    4月は君の嘘 僕と君との音楽帳のCDを1,700円で買取しました!

    アニメをきっかけに好きになったCDです。買ったばかりによく聴いていただけなので、CDの状態はキレイな方だったと思います。買取査定金額が他の買取店よりも高かったので今回はこちらので買取してもらうことにしました。送料や手数料も無料だったので余計にお金がかかることもなく、すばやい対応のお陰であっという間に買取が終了できたのでよかったです。

    兵庫県 KI様 30代 女性

買取お申し込みはこちら

4月は君の嘘とは

2011年から月刊少年マガジンにて連載された人気漫画。講談社漫画賞少年部門受賞。

厳しい指導者である母親のもとで練習に励み、国内外たくさんのピアノコンクールで優勝していた主人公の有馬公生。「ヒューマンメトロノーム」と呼ばれていた神童の彼は、自分が発した言葉によって、母親の死のきっかけを作ってしまう。その後、コンクールで演奏すると、母の幻影を見てしまい、ピアノの音が聞こえなくなり、ピアノを弾かなくなった。
目標を無くし、日々色のない世界で生き続けていた彼の運命は3年後大きく変わる。14歳になった公生は幼なじみを通して、同い年でヴァイオリニストの宮園かをりと出会う。ヴァイオリンコンクールで楽譜の支持に従わず、曲を自分のものした彼女の圧倒的な演奏に出会い、公生の世界がカラフルに色づきはじめる。

30%買取価格アップキャンペーン実施!

4月は君の嘘の買取を考えているお客様に嬉しいお知らせです!

ただいま4月は君の嘘の買取お申込み頂いたお客様には

買取金額を30%アップさせて頂くキャンペーンを行っております!

30%アップ分は現金でお支払いいたしますのでご安心ください!!

本買取アローズのご利用が初めての方も、まだ買取を迷われている方もこのキャンペーン中にご利用下さいませ。

 

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

送料・手数料・査定料・梱包材全て当社が負担します!!

本買取アローズでは4つの無料特典が付いております。

初めての方は買取の際にいろいろお金がかかるのではないかと不安だと思います。

ですが、本買取アローズでは本の見積もり料、本を梱包するための梱包材料費、本を送るための送料、本を査定するまでにかかる手数料、これら全てが完全に無料となっております。

そのため初めての方でも、安心してご利用頂けます。

4月は君の嘘のキャラクター紹介

【有馬公生(ありま こうせい)】

本作主人公、市立墨谷中学校3年生。
母親がかつて抱いていた「世界的なピアニストになる」という夢をかなえるために、小さい頃から厳しい指導者である母親のもとで練習に励み、国内外たくさんのコンクールで優勝していた。しかし、その彼の姿を「ヒューマンメトロノーム」、「母親の操り人形」」、「コンクールだけのピアニスト」、「楽譜のしもべ」などと心ない言葉で例えられることもあった。
11歳の頃、母親へのプレゼントとして感情のこもったピアノ演奏をするも、それを原因で母親と喧嘩してしまう。母親が死ぬ直前に言った「お前なんか、死んじゃえばいいんだ」という言葉を原因に、母親の死後はピアノを弾くことができなくなってしまう。
14歳になり、幼なじみを通じて出会ったヴァイオリニストのかをりの演奏をきき、再びピアノに触れることとなる。

 

【宮園かをり(みやぞの かをり)】

本作のヒロインでヴァイオリニスト。
昔からコンクールで見ていた公生にあこがれていた。常に天真爛漫で、奇想天外な行動が多く、時には喧嘩上等と言われるほど気が強い。
コンクールでは、楽譜に忠実に演奏するのではなく、楽譜を自分なりに解釈した個性的な演奏のため、審査員からは酷評である。しかし一方で、人を魅了する演奏であることから、観客からは絶大な支持を受けている。
自分のコンクール予選のピアノ伴奏を公生に頼むなど、公生が再びピアノを弾くことを強く願っている。
元々体が疲れやすい体質のため、大量に薬を服用しており、演奏後は手が震えるといった症状がでる。

 

【澤辺椿(さわべ つばき)】

公生の隣に住む幼なじみで、中途半端にピアノをやめてしまった公生をいつも気にかけており、立ち直るきっかけを探している。
運動神経がよく中学ではソフトボール部に所属し、学校の窓ガラスを割るボールを打っては、その場にたまたま居合わせる公生に謝らせている。
弟のような存在であった公生に少しずつ特別な感情を抱くようになり、公生の側にいたいと願いはじめる。
高校は公生が音楽科のある高校に通うことを決めたため、その近くの高校に進学することに決める。

 

【渡亮太(わたり りょうた)】

公生と同じ中学校で、椿の幼なじみ。
中学ではサッカー部に所属し、サッカー部部長に就任する。女の子にモテており、自分自身女の子が大好きで軽い一面があるが、たまに人の本質をつく良いことを発現し、周囲を感心させる。
高校はスポーツ推薦での入学が決まっており、公生とかをりの想いを気づいている。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら