1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 漫画
  4. 弱虫ペダル 全巻高価買取中です!

弱虫ペダル 全巻高価買取中です!

2015日迄

  • 2Q==
  • 本
本買取アローズでは弱虫ペダルの買取を強化中です!!特に全巻セットにつきましては他社の買取価格対抗中です。

主な弱虫ペダル 全巻高価買取中です!

  • 弱虫ペダル 全巻セット価格:6300〜12500円
  • 弱虫ペダル単品価格:50〜250円

弱虫ペダル 全巻高価買取中です!の買取実績

弱虫ペダルの買取実績をご紹介致します!

  • 51FOUlRzp+L._AA160_

    弱虫ペダル 全巻セットを9,700円で買取しました。

    引っ越しすることになり、転居先にはあまり場所が無いため思い切って売ることにしました。
    家まで直接来てくれるので、便利でした。

    静岡県 MM様 20代 男性

  • 61YjhHmlhOL._AA160_

    弱虫ペダルを含め、261点を、23,081円で買取しました。

    この漫画を含めドラゴンボールやワンピースなど不要な漫画を買い取ってもらいました。 
    おかげで家が片付けられたし、お金も手に入れることができて買い取ってもらって良かったです。

    大阪府 TM様 30代 男性

買取お申し込みはこちら

弱虫ペダルとは

気弱な性格でゲームやアニメが大好きな小野田坂道は千葉県・総北高校に通う高校一年生。
中学時代にオタクの友達ができなかった坂道は入学後、アニメ研究会に入部しようと考えていた。
しかし、部員数減少のため活動休止中であると知り、そこで、活動再開に必要な部員数を集めようと思い立つ。
そんな矢先、今泉俊輔と鳴子章吉と出会う。
2人とも中学時代に自転車競技で活躍していた選手で、坂道は、2人と出会ったことにより、今までに経験したことのなかった自転車で速く走る楽しみを見出ししていく。
アニメ研究部の部員集めを諦めて、自転車競技部に入部することになる。
実は、坂道は小学生のときから自転車で秋葉原に通い続けていて知らず知らずのうちに上り坂に強いの基礎能力が鍛えられていた。
その資質を見出されたことから、先輩部員でクライマーの巻島裕介の指導を受けることになり、才能を徐々に開花させていく…

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

弱虫ペダルを売ろうかと考え中だというお客様、嬉しい朗報です!

ただいま、お申込み頂いたお客様の買取金額がキャンペーンにつき30%アップさせていただいております!

買取アローズからいつもご愛好いただいている皆様へのほんの感謝の気持ちでございます。

まだ検討中のお客様、このキャンペーン中がチャンスです!どうぞご利用ください。

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

 

ご自宅まで集荷に伺います♪らくらく宅配買取!!

「もう読まなくなった本の買取をお願いしたいけど、買取店まで遠い…」というお客様の声にお答えし、宅配業者がご自宅まで無料で本の集荷に伺います。

面倒だったり、忙しくて持っていく時間がないというお客様に非常に便利なサービスですので、是非ご利用ください。

 

当日集荷、スピード対応!

お昼の12:30までに本の買取申込みのご連絡を頂いたお客様には、当日中にご自宅等へ本の集荷に伺います。お急ぎで本を売りたいお客様や、普段から忙しくまとまった時間がとれないお客様には、12:30までに申込みのご連絡を入れて頂くことにより、当日中の集荷が可能となります。

ぜひこのサービスをご利用ください。

 

弱虫ペダルの魅力的なキャラクター達

【小野田 坂道(おのだ さかみち)】
本作の主人公。千葉県立総北高校の一年生。
高校に入学したらアニメ研究会を復活させることに力を注いでいたが、あることがきっかけで自転車競技部へ入部することになり、少しずつその才能を開花させていく。
小柄な体系で丸い眼鏡をかけていて体育会系の強引な威圧や威勢をにがてにしている。
また、漫画やアニメといった類のものを好むオタクで、小学生のときから毎週、秋葉原まで往復90kmほどを電車代を節約するためにママチャリを飛ばして通っている。

 

【今泉 俊輔(いまいずみ しゅんすけ)】
坂道と同級生の総北の一年生。
背が高く、非常に冷静な性格をしており、大抵のことにはあまり感動しない。
中学生の時には、県内でも有数の優れた自転車レーサーであったが、ある大会で1位のある人物に大差をつけられて準優勝に終わったこと痛快に思い、それを逆にバネにし高校入学後も中学のときよりもさらに激しい自主トレを続けている。

 

【鳴子 章吉(なるこ しょうきち)】
総北高校一年生。関西から転校してきた「浪速のスピードマン」の異名を持つ有力なレーサー。
弟達から頼まれた買い物をするためにやって際に偶然であった坂道と出会い意気投合し、友達になる。

その時に坂道の才能を見抜き一緒に自転車競技部に入ることを勧めた。
こてこての関西弁をしゃべる威勢の良い性格だが、実は友達や家族思いの人情家でもある。
また、身の回りのものは全部赤色で髪の毛も赤色で、派手好きな目立ちたがり屋な人物である。

 

【杉元 照文(すぎもと てるふみ)】
総北高校一年生。中学生のときから趣味でロードレーサーに乗っており、鳴子と坂道が自転車部に入ることを知り、一緒に入部することになる。
主に裏方に専念しており、レースの勝利のために無我夢中に練習に熱中する他の部員とはやや温度差がある。
得意分野はロングライド。
「ボクは経験者だから」が口癖の自慢屋だが、根は親切な性格。

合宿には出席したが、ノルマを達成できず途中棄権した。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら