1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 漫画
  4. 幽遊白書 全巻高価買取中です!!

幽遊白書 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • yuyuhakusho-c
  • 本
幽遊白書の全巻買取、単品買取を強化中です!!ぜひ、本買取アローズにお問い合わせください!

主な幽遊白書 全巻高価買取中です!!

  • 幽遊白書 全巻セットの買取価格:400円〜1,900円(在庫の状況により変動することがあります)
  • 幽遊白書 完全版全巻セットの買取価格:700円〜3,000円(在庫の状況により変動することがあります)
  • 幽遊白書 文庫本全巻セットの買取価格:600円〜3,000円(在庫の状況により変動することがあります)
  • 幽遊白書 コンプリートDVDBOXの買取価格:600円〜2,200円(在庫の状況により変動することがあります)

幽遊白書 全巻高価買取中です!!の買取実績

幽遊白書の買取価格の実績をご紹介致します。

  • 61BXWTPWD4L._SL500_AA300_

    幽遊白書の全巻セットを1,780円で買取しました。

    幽遊白書が大好きで、完全版も買ったので、こちらを売ることになりました。正直、何年も前の漫画だったので買取金額に期待はしていなかったのですが、状態も良いとの事で思った以上の査定額だったのですぐに買取して頂きました。査定から買取金額を受け取るまでのスピードの早さに感動しました。ありがとうございました。

    鹿児島県 NM様 30代 女性

  • 51FC3VXSFML._SL500_AA300_

    幽遊白書の完全版を2,700円で買取しました。

    大好きで完全版を持っていたのですが、もう何年も読んでおらず、場所も取るので処分する事にしました。午前中に査定をお願いした所、すぐ取りにきてくださり、査定結果もあっという間に届きました。やはりWEBだとお店にいく手間も省けるし、自宅まで取りに来てくれるのはとてもありがたいですね。迅速な対応をありがとうございました。

    大阪府 IK様 20代 女性

買取お申し込みはこちら

幽遊白書とは

幽遊白書とは、1990年〜1994年に集英社『週刊少年ジャンプ』で冨樫義博によって連載されていた少年漫画である。
同じ時期に連載されていた『ドラゴンボール』や『スラムダンク』と共に、ジャンプ黄金期の看板漫画としても有名である。
単行本の累計発行部数は全19巻なのに5000万部以上という爆発的な人気を獲得し、第39回小学館漫画賞を受賞した。また、1992年〜1995年にはテレビアニメも放送され高視聴率を記録した。アニメはかなりの反響を呼び、現在まで何度も再放送されてきた。長編と短編の映画も公開された。
主人公である幽助が交通事故で死んでしまうところからスタートするといった一風変わった物語。
幽助が死亡することが予想外だった霊界では、幽助に生き返る為の試練を与える事に。そこから幽助は、霊界探偵として仲間とともに様々な問題や事件に立ち向かう旅へと出るのである。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

幽遊白書の買取を考えているというお客様、朗報です!
ただいまお得なキャンペーン中で、お申込み頂いたお客様の買取金額を30%アップしております!
買取アローズから皆様への日頃の感謝の気持ちでございます。
まだ迷っていらっしゃるのでしたら、ぜひこのキャンペーン中がチャンスです!どうぞご利用ください。

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

 

商品の買取価格公開中!

買取してもらったが、他店の方が買取価格が上だった…といったような悔しい経験をされたお客様もいらっしゃると思います。買取アローズでは、主要な商品は皆様に買い取り価格を公開させて頂いております。
ですので、悔しい思いをもうする事はないのです。初めてのお客様でも安心してご利用いただけますので、ぜひこの機会にお申し込みください。

 

スピード査定・即日入金をお約束!

WEBでの買取だと査定から入金まで時間がかかると心配していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。大丈夫です、ご安心ください。買取アローズでは、査定結果を早ければ当日中に、もし遅くても2日以内には必ず査定結果の金額を通知致します。商品が到着した2日以内での査定結果を報告できるのは、業界でもトップクラスの早さなのです。どうぞお急ぎの方は、このサービスをご利用ください。

 

幽遊白書の素敵なキャラクター達

【浦飯幽助(うらめし ゆうすけ)】
幽遊白書の主人公で、かなりの不良少年だった。
交通時事故をきっかけに、幽助は霊界から霊界探偵に任命された。霊界探偵となった以降は、人の良さが徐々に滲み出てくるようになり、仲間も増えていった。
作中では主人公なのに、2度死に、2度生き返っている。1回目は交通事故事故。2回目は仙水との戦闘によって。1回目は霊界が出した試験を合格したため、2回目は死亡した後、雷禅の魔族大隔世によって復活し、それと同時に自分が魔族である事が分かった。復活後の幽助の強さは、S級妖怪並みと凄まじい強さになった。
幽助の得意技は、霊丸(レイガン)と霊光弾(ショットガン)である。
ちなみに、幼なじみの雪村螢子とは両想いである。
幽助が霊界探偵として、様々な問題を解決し、強くなっていく様子をぜひ買取してご覧頂きたいです。

 

【桑原和真 (くわばら かずま)】
自称・浦飯幽助の永遠のライバルなのだが、成績は、0勝156敗で幽助に買った事がないのだ。いつも明るくお調子者で、浦飯チームのムードメーカー的存在である。
喧嘩っ早いのだが、犯罪や悪を非常に嫌い、誰よりも仲間想いで、かなり情にもろい。
昔から霊感がかなり強く、金縛りに会う事は日常茶飯事だった。その霊気を使った霊剣を武器に、敵と戦っているのだ。
雪菜に一目惚れし、猛アタックするが、最後まで良い友達のまま進展する事はなかった。

 

【蔵馬(くらま) / 南野秀一(みなみの しゅういち)】
蔵馬は、元々魔界で有名な盗賊で、妖狐だった。瀕死の傷を負わされた蔵馬は、人間の胎児に憑依し、南野秀一(みなみの しゅういち)として生きることに。
進学校である盟王学園高校に通う優等生で、成績は常にトップ。
母親の病の一件で幽助に助けてもらい、それ以降一緒に旅をするようになった。
心優しい性格で、桑原の能力を開花させる為の練習にも付き合ってあげるような面倒見の良さもある。

 

【飛影(ひえい)】
飛影は元々は魔界で有名な盗賊で、雪菜の双子の兄である。
見た目は、自分の意志で付けた第三の眼の邪眼があり、妖術と剣術の使い手である。
育った環境が関係しているのか、冷たく、一匹狼な性格で、冷血非道と言われている。しかし妹思いで、直接敵に雪菜と関わることは少ないのだが、彼女がピンチの時はいつも駆けつけていた。
その妹思いな飛影を、幽助と蔵馬からよくからかわれていた。

 

【幻海(げんかい)】
霊光波動拳の達人で、幽助の師匠でもある。
とても厳しいのだが、思いやりのある人物である。70歳近い老人なのだが、若返った時の幻海は誰もが羨むほどの絶世の美人である。
幽助と同じ技を使えるが、他にも様々な技を使う事が出来る。老体ながらも、実力はかなり高い。

 

【雪村螢子(ゆきむら けいこ)】
幽遊白書でのヒロイン的存在。幽助の幼馴染で、幽助とはいつも喧嘩しているが両想いである。
顔に似合わず、かなりの勝気だが才色兼備な上、品が良く、周りからの信頼もかなり厚い。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら