1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 嘘喰い 全巻高価買取中です!!

嘘喰い 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • Z
  • 本
嘘喰いの全巻買取、単品買取を強化中です!!ぜひ、本買取アローズにお問い合わせください!

主な嘘喰い 全巻高価買取中です!!

  • 嘘喰い 全巻セットの買取価格:5,500円〜13,800円(在庫の状況により変動することがあります)
  • 嘘喰い 単品の買取価格:30巻~最新巻 50~300円

嘘喰い 全巻高価買取中です!!の買取実績

嘘喰いの買取価格の実績をご紹介致します。

  • 51oRUe+M5UL

    嘘喰いの全巻セットを5,420円で買取しました。

    この頃、めっきり漫画を読み返すことがなくなったので、いっその事売ることにしました。家にダンボールも無く、近くにダンボールをもらえそうな店もなかったので、梱包材の無料サービスはすごくありがたかったです。大荷物をいちいち運ばなくても自宅まで取りに来てくれたので、すごく楽でした。金額にも満足でしたので、すぐお願いしました。ありがとうございました。

    三重県 KH様 20代 男性

  • 51rGIRosYLL._SL500_AA300_

    嘘喰い 全巻セットを5,400円で買取しました。

    噓喰いが好きでいつも買って集めていたのですが、途中から買わなくなってしまいました。本棚を整理しようと店に行って査定してもらったところ、かなり安い値段に衝撃を受けました。そこで、納得いく値段で売ることが出来ないかと探しているとき買取アローズを発見しました。とりあえず無料ということだったので査定してもらうと、他店で言われた値段以上だったので、こちらに決めました。本棚の整理もでき、すぐに買取金額が手元にきたので良かったです。

    岐阜県 OK様 30代 女性

買取お申し込みはこちら

嘘喰いとは

嘘喰いとは、2006年から集英社『週刊ヤングジャンプ』で迫稔雄によって連載中の少年漫画。累計発行部数は430万部以上と、人気の漫画である。
ギャンブルを題材とした漫画で、かなり幅広いジャンルのギャンブルやゲームが描かれている。
タイトルにもあるように『嘘つきを倒す』事を大きなテーマとしているので、他のギャンブル漫画よりイカサマなど行われているのが特徴である。
また、ギャンブルだけではなく、暴行といったようなアクション漫画のようなバトルも多く描かれている。
しかしシリアスな場面だけではなく、シュールな言葉遊びやギャグパートなども収録されている。
ギャンブルで遊ぶ金欲しさに、とうとう闇金に手を出してしまい追われる身となった主人公の梶は、謎のギャンブラーである斑目に救われる。斑目も梶の助言で儲けさせてもらったということで、礼に借金返済の手伝いをすると言い、梶は賭博組織の「倶楽部賭郎」を中心に金や嘘、暴力が支配する賭博の世界で生きていくことになったのだ。
そういった嘘や真実が入り交じった世界での梶の奮闘を、ぜひ買取して読んで頂きたいです。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

嘘喰いを売ろうかと検討中のお客様、とっておきの朗報です!
今なら宅配買取をお申込み頂いたお客様の買取金額が期間限定で30%アップさせていただいております!
ポイントでのお支払いではなく、現金で30%アップする分をお支払いさせていただきます!
かなりお得なこのキャンペーン中に、是非ご利用ください。

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

 

カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント!!

商品の査定をお願いしたいけれど、本を入れるようなダンボールなどがない…というお客様、ご安心ください。買取アローズがすべて無料でご用意致します。お客様ご自身で用意して頂くものはありませんので、面倒な事は一切ございません。買取アローズに梱包材グッズの希望を申して頂くと、無料でご自宅まで手配させて頂きます。安心してご利用ください。

 

商品の買取価格公開中!

主な商品に関しましては、買取の価格を皆様に公開しております。なので、他店に載っている買取価格の方が高かった…というようなことはありません。ですので、ご利用が初めてのお客様もどうぞお気軽にお申し込みください。

 

嘘喰いの魅力的なキャラクター達

【斑目 貘(まだらめ ばく)】
通称「嘘喰い」と呼ばれる謎の天才ギャンブラー。その存在は裏社会では伝説の1つとなっている。貘は初対面の人にモデルと間違われるなど、かなりの美形。
かり梅が好物で、貘がギャンブル中にかり梅を口にする時は、作戦や考えが上手く進んでいる証拠である。
悪魔のような頭脳とずば抜けた洞察力で相手を翻弄するのが得意で、決め台詞は、「あんた嘘つきだね」である。
危険な賭けほど惹かれる悪魔のような貘の戦いっぷりを、ぜひ買取して読んで頂きたいです。

 

【梶 隆臣(かじ たかおみ)】
借金取りに追われていて、ある時、貘と運命的な出会いをする。そして、貘と出会った事により梶の人生は大きく変わってゆく。
最初はどこにでもいるようなただの青年なのだが、幾多の修羅場を乗り越えて行くうちに屈強な精神力が身に付くようになった。
貘と共に行動するうちに、貘のような人間になりたいと思うようになり、憧れている。
お人好しで、悪意に対しては純粋に怒りを覚える性格である。

 

【マルコ/ロデム】
通称「廃ビルの悪魔」で、Q太郎から息子と呼ばれる、彼の切り札的存在。Q太郎が幾度となく行ってきた人体実験の唯一の成功例。
実験を何度も行った事によるストレスや副作用により、別人格の殺人鬼ロデムが現れるようになった。
マルコんの人格は、敵に気を遣うほどのお人好しで、殺戮を嫌う正義感のある心の持ち主である。しかし、ロデムは、ただ単純に殺戮を楽しむ性格の持ち主。
人体実験によって得た肉体は、作品の中でも戦闘力は最高クラスである。

 

【伽羅(きゃら)】
以前は貘の専属立会人だったが、貘が以前賭博で敗れた後に組織を抜けたのだが、「生きて抜けるのは不可能」というこの世界のルールあるにも関わらず、抜けたことにより現在は追われる立場である。
いつも凶暴な雰囲気を出しており、容姿も恐ろしいが、信頼している者には面倒見が良く、梶にはなぜかツンデレな行動をとる。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら