1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 漫画
  4. 信長協奏曲(のぶながコンツェルト) 全巻高価買取中です!!

信長協奏曲(のぶながコンツェルト) 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • nobu01
  • 本
信長協奏曲(のぶながコンツェルト)の全巻買取、単品買取を強化中です!!ぜひ、本買取アローズにお問い合わせください!

主な信長協奏曲(のぶながコンツェルト) 全巻高価買取中です!!

  • 信長協奏曲 全巻セットの買取価格:980~3,600円
  • 信長協奏曲の単品買取価格:8巻~最新巻 50~300円
  • 信長協奏曲11巻 ドラマCD付き特別版の買取価格:250~1,040円
  • 在庫の状況により変動することがあります。

信長協奏曲(のぶながコンツェルト) 全巻高価買取中です!!の買取実績

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)の買取価格の実績をご紹介致します。

  • _1

    信長協奏曲の11巻(ドラマCD付特別版)を1,000円で買取りました!

    早めの内に買取に出すほうがいいと聞いたことがあり、まだ新しいですが買取に出すことにしました。本買取アローズさんの早い対応のおかげで、実店舗に行くよりも手間が省けたと思います。ありがとうございました。

    大阪府 IK様 20代 女性

  • ダウンロード

    信長協奏曲の8巻を300円で買取りました。

    続きを買わなくなってしまったので売ることにしました。これからドラマ化・映画化となる作品だったので、高値で買取っていただけて嬉しかったです。

    鹿児島県 NM様 30代 女性

買取お申し込みはこちら

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)とは

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)とは、石井あゆみによる歴史漫画。現在、小学館で連載中。
2014年7月にアニメ化、10月にはドラマ化がされ、後に実写映画が公開予定である。
本作主人公の高校生サブローは、ある日天文18年にタイムスリップをしてしまう。
本物の織田信長に遭遇し、彼のかわりに信長として生きてくれと頼まれる。
本物の織田信長は明智光秀を名乗り、サブローを影で支えていくことに。
礼儀正しいサブローは現代の言語で周囲を困惑させることも多いが、独特な発想とカリスマ性で信長として生きていく。
周りからは、意味不明な者として見られるが家中や領民からは高い支持を受け、成功していく。
第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞作品。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

信長協奏曲の買取を考えているというお客様に朗報です!

ただいま買取にお申込み頂いたお客様に限りまして、買取金額を30%アップしております!

買取アローズから皆様への日頃の感謝の気持ちでございます。

まだ迷っていらっしゃるのでしたら、ぜひこのキャンペーン中がチャンスです!どうぞご利用ください。

 

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント!

「今すぐ査定の申込みをしたいのだけれど、手元にダンボールやガムテープなどの梱包グッズがない!」

というお客様に嬉しいサービスがございます!!

本買取アローズでは、お客様の手間がかからないように梱包グッズを無料で手配させて頂きます。

ですので、買取アローズに査定を申し込む際に梱包グッズを希望して頂ければ、

完全無料でご自宅までお届けに参ります。どうぞこの便利なサービスをご利用ください。

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)のキャラクター紹介

【サブロー】

勉強が苦手な本作主人公の高校生。

ひょんなことから戦国時代にタイムスリップをしてしまい、顔・声・体格がそっくりの本物の織田信長の出会う。

そして、織田信長の頼みにより、サブローが織田信長として生きていくことに。

物事の進み方は歴史の教科書を参考にし、独特で大胆な言語や発想などで上手く切り抜け天下を取ろうとする。

勉強が苦手で歴史を理解していないにもかかわらず、サブローの行いが自然と本来の歴史通りになる。

 

明智光秀(本物の織田信長)

サブローがタイムスリップをした際に出会った武士。

身体が弱いため、その代わりに織田信長になってくれとサブローに頼む。サブローからは「ミッチー」と呼ばれている。

サブローを支えるために織田家家臣となることを宣言し、信長の影武者になる。

顔がサブローと一緒なため混乱がおきぬよう常に頭巾を被っている。

サブローとは固い強い絆で結ばれている。

 

【帰蝶(きちょう)】

信長の正室。齊藤道三の娘。

本来の信長とはうまくいっていなかったが、サブローにはべた褒めする。

優しく穏やかな性格であり、周りからは慕われる。サブローには深い感情を抱く。

戦いの際はサブローが行方不明となっていることを知らされた時は食事も睡眠も取らなかった。

 

【お市(おいち)】

信長の妹。美しいがお転婆で落ち着きがない。

幼いころからサブローによくなつき、兄の『信長」が大好きである。

兄のためにと浅井長政のもとへ嫁ぎ、茶々と初、江を産む。

浅井家がつぶされる前に身柄を信長家に移される。

夫の死後でも信長を思う心は変わらない。サブローを兄以上に思っている。

 

【池田垣興(いけだつねおき)】

織田家の家臣。信長(光秀)の乳兄弟。

信行側についていた時のあり、サブローの暗殺にも関係していた。

しかし、サブローの話す内容に大きく関心を抱きその後は補佐にまわるようになった。

サブローを注意する役にまわるが、毎回サブローに振り回され苦労が絶えない。

 

【織田信行(おだ のぶゆき)】

信長の弟で、身体の弱い兄だったが人として信頼していた。

信長がサブローに変わってからは「うつけ」と呼ばれるようになる。

織田家を継ぐのは自分の方がふさわしいと思うようになり、織田家の権力を狙うようになった。

しかし、後にこのことは失敗してしまい、最終的にサブローと手を結ぶことを嫌がり切腹した。

 

【柴田勝家(しばた かついえ)】

元は織田家信行付宿老。

信行側だったが天下を狙うサブローと兄の追い払おうとする信行の違いにあらためて考え直し、結果サブロー側につく。

後に、垣興と同じくサブローに追い回される日々を送ることになる。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら