1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 漫画
  4. 三国志 全巻高価買取中です!!

三国志 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • sangoku01
  • 本
三国志の単品買取とセット買取を超強化中です!!特にセット買取については、他社の買取価格対抗中です!

主な三国志 全巻高価買取中です!!

  • 三国志の全巻セットの買取価格:1,680~5,790円
  • 三国志の全巻セット(文庫版)の買取価格:2,060円~6,730円
  • 三国志の全巻セット(カジュアルワイド)の買取価格:1,390~4,600円
  • 三国志・巻之一の1~10巻セットの買取価格:1,380~5,100円
  • 三国志・巻之二の11~20巻セットの買取価格:2,560~8,960円
  • 三国志・巻之三の21~30巻セットの買取価格:3,170~11,020円
  • 在庫の状況により変動することがあります。

三国志 全巻高価買取中です!!の買取実績

三国志の買取実績を紹介致します。

  • ダウンロード

    三国志の文庫本全巻を6,610円で買取りました!

    全巻集めた文庫本ですが、最近は全く読まなくなったので、買取に出すことにしました。初めて宅配買取を利用しましたが、当日中に集荷が来たおかげで早く済んだので良かったです。

    愛知県 KY様 30代 男性

  • 619QkoQHSzL._SL500_SY344_BO1,204,203,200_

    三国志の単行本全巻を5,490円で買取ました!

    実店舗に持って行くには重すぎたので、今回は宅配買取を利用しました。家まで無料で買取業者が来てくれたのでとても助かりました。

    奈良県 YY様 30代 男性

買取お申し込みはこちら

三国志とは

三国志とは横山光輝による歴史漫画である。
横山光輝の代表作であり、吉川英治の小説「三国志」を基準に独自の三国志を混ぜた作品である。
本作は登場人物のセリフや表現が子供でも分かるようにかかれている。
また、かなりの長編でもあり、最初に出てきた人物が再登場の際に別人で登場してくる。
話が削られている所があるため、青年だった劉備や曹操が中年男性の姿になっている場合もある。
1991年に第20回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

ただいま、三国志の買取にお申込み頂いたお客様には

期間限定で買取金額を30%アップさせていただくキャンペーンを行っております!

また、現金で30%アップ分をお支払いしますので、ご安心下さいませ。

買取を迷われている方や初めての方も、ぜひこのキャンペーン中にご利用ください。

 

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料!!

見積もり料、手数料、送料、梱包材料、は完全に無料です。

初めてのお客様は余計にお金がかかるのではないかと不安だと思います。

本買取アローズは本の見積もり料、本を梱包するための梱包材料費、本を送るための送料、本を査定するまでにかかる手数料、これら全てが完全に無料となっています!

ですので、安心してご利用ください! 

三国志のキャラクター紹介

【劉備(りゅうび)】

本作の主人公であり、幽州涿郡涿県の桜柔村に住む親思いの心優しき少年である。

母と家事をしていた時、母から自分が王室に繋がる人物として生まれてきたと知らされる。

このことを知った劉備は、今生きているこの世の中を救おうと関羽と張飛と共に義理の兄弟になる約束をし、漢王朝復興を目指して立ち上がる。

天下を取ろうとするがライバルである曹操と戦うが、後に蜀の王となる。

 

【劉禅(りゅうぜん)】

2代目の蜀の王であり、劉備の息子。幼いころの名は阿斗。

王になった当初は普通の青年であったが、どんどんと肥満の臆病な人物へと変わっていく。

雲長には2回も助けてもらう。17歳にで王となり、後は諸葛孔明を政務を任せ国を守った。

 

【諸葛孔明(しょかつこうめい)】

劉備の死後の後半の物語の主人公。

自分の名前を表んび出すことが嫌いであり、彼の才能や人格やどのような人物かを知る者は少なかったという。

発明家でもあり、木牛流馬や連弩を作ったり人物である。

重要な秘密事項を盗み聞きされないように常に羽扇を持っていた。

 

【関羽(かんう)】

劉備の義兄弟の中では次兄。五虎大将軍の一人。

大きな体格と立派な髭が特徴であり、戦うときは太刀を武器にする。

義弟の張飛とは反対に知能的な性格で、元々は子供を教えるための塾を開いていた。

部下からの尊敬は厚かったが、自分に対する思いが強く内部の武士や役人たちに引かれて逃げられることになってしまう。

荊州省略の遠因。部下からの信頼を失った関羽は最終的に首を取られ、曹操の元に送られる。

 

【張飛(ちょうひ)】

劉備の義兄弟であり末弟。五虎大将軍の一人。

劉備と出会う前は幽州の鴻家に仕え、戦いで808人もの敵を倒した。

の後、鴻家は黄巾賊のよって滅ぼされ復讐をするために黄巾賊にはいり倒す機会を待っていた時に劉備に出会う。

豪傑で蛇矛を武器とする。3人係でやっとの思いでも持つことができる物を張飛は一人で持つことができる腕力の持ち主。

 

【曹操(そうそう)】

劉備の最大のライバル。才能があるものを好む。

若い頃から出世と戦うことことを身につけていて、戦に負けることもあるがそれを元に強くなっていく大物。

野心家かつ非常なほどに冷酷な一面もあり、自分を助けた恩人である呂伯奢を「自分を殺そうとしている。」と勘違いをして呂伯奢の家族を殺そうとした。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら