1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 漫画
  4. ナルト

ナルト

2015日迄

  • 65d17a18de6d341c41f33ad7f2209bd58247fc9d1421755190
  • 本
本買取アローズではNARUTO(ナルト)の買取を超強化中です!!

主なナルト

  • ナルト 全巻セットの買取価格:2,800円 ~7,500円(在庫の状況により変動することがあります)
  • 単品での買取価格: 60巻~最新巻@50円~250円 (在庫の状況により変動することがあります)

ナルトの買取実績

NARUTO(ナルト) 全巻セット

  • 61sSAS13ULL._SL500_AA300_

    NARUTO(ナルト) 全巻セットを買取しました。

    最新刊まで集めたものの、忙しくて読む暇がないので、捨ててしまおうかと考えたのですが、やはりもったいないので、買取アローズさんに買取ってもらうことにしました。
    思ってた以上に高額で買取してもらえたのでよかったです。

    香川県 MD様 30代 男性

  • 51DB-+0cDDL._SL500_AA300_

    NARUTO(ナルト)の1~71巻を買取しました。

    対応が早くて、値段も納得のいくものでした!とても満足しています。

    大阪府 TM様 20代

買取お申し込みはこちら

NARUTO(ナルト)

1999年から「週刊少年ジャンプ」で連載している忍者漫画。「ワンピース」と並ぶジャンプの看板作品となっている。
体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者の主人公「うずまきナルト」が様々な困難に立ち向かい、木の葉の里一番の忍である火影を目指して突き進んでいく王道バトル漫画である。
ストーリーは二部構成となっており、一部と二部の間に2年半の歳月がながれた設定になっている。
一部と二部の間に、主要人物である「はたけカカシ」を主人公とする外伝「カカシ外伝~戦場のボーイズライフ~」が連載された。
国内ではもちろん、海外でも極めて高い人気を誇っており、「ドラゴンボール」の後継作品として認知されている。
単行本は30国以上で翻訳出版され、2002年からぴえろ制作のテレビアニメも放送されており、80ヵ国以上で放送されている。
主人公の「うずまきナルト」はなんと「ニューズウィーク日本語版」2006年10月18日号の特集「世界が尊敬する日本人100」に選出された。
欧州でも熱狂的あ人気を誇っており、フランスで週刊売上が一位に。また、テレビゲーム「ナルティメットシリーズ」は世界累計1000万本を記録した。
本作のスピンオフとして、「ロック・リーの青春フルパワー忍伝」がある。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

買取を希望されているお客様にお得な情報です!
ただいまキャンペーン中につき、お申込み頂いたお客様の買取金額を30%アップさせていただいております!
通常の買取価格より30%も上乗せというお得なキャンペーンは今だけです!
まだ迷っていらっしゃるのでしたら、ぜひ今がチャンスです!お気軽にご連絡ください。
(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

 

買取価格30%アップキャンペーン中!!

今なら期間限定で、宅配買取をお申込み頂いたお客様の買取金額が30%アップします!

もちろん、ポイントなどでのお支払いではなく、現金で30%アップ分をお支払いさせていただきますのでご安心下さい!

ご利用頂いている全てのお客様に日頃の感謝を込めた期間限定キャンペーンとなっておりますので、この機会に是非ご利用下さいませ!

 

当日集荷、スピード対応!

昼12時半までに本の買取申込のご連絡を頂いたお客様につきましては、当日中にご自宅などへ本を集荷しに伺います。

普段忙しくてなかなか本を売りに行く時間がとれないお客様には、12時半までに申込のご連絡を入れていただくことによって、当日中の集荷が可能となります!

ぜひご利用下さい!

 

魅力的なキャラクター達

【うずまきナルト】

本作の主人公である木ノ葉隠れの里で暮らす落ちこぼれ忍者で、金髪に青い目の少年。木ノ葉の最高の忍、火影になって、自分の存在を里の人々に認めさせることを夢とする。

口癖は「~だってばよ」で、この口癖は母親の「~だっばね」という口癖から受け継いだものだと思われる。

生まれた瞬間に、九尾の妖狐を敵から奪われまいと、父である四代目火影の手によって九尾を体内に封印され、人柱力(世界に9体存在した魔獣である尾獣を体内に封印された者達)となった。

この九尾の封印が原因で、ナルトは周囲の大人から九尾と同一視され、迫害されていた。その話題を出すことは禁句とされていたため、同期の仲間たちはそれを知らずに育っていたのだが、ナルト自身がよく問題行動を起こし、大半の生徒に嫌われていたため、遊び仲間はいても親友と呼べる人物はいなかった。このナルトの問題行動は九尾の一件からの自己主張であり、自分の存在を里のみんなに認識させるための必死の行動だった。

下忍のころ同じ班だったうちはサスケとはライバルであり犬猿の仲で、よく衝突することがあったが、次第にお互いの実力を認め合う仲になる。しかし、落ちこぼれ忍者だったはずのナルトが少しずつ成長する中で、己の力不足を思い知ったサスケはナルトに嫉妬の念を抱くようになり、さらなる力を求めて木ノ葉の里を去り、抜け忍となってしまったため、現在は敵対関係。

また、春野サクラに恋しており、初めはサクラ本人から全く相手にされていなかったが、物語が進むに連れて、サクラからナルトに向けられる心情も変化している。

ちなみに本人はまったく気づいていないが、同期である日向ヒナタに想いを寄せられている。

 

【うちはサスケ】

「写輪眼」という瞳術を代々受け継いでいる、うちは一族の末裔。うずまきナルトのかつての親友でありライバルであり、宿敵。

家族を皆殺しにした兄のうちはイタチを激しく憎んでいるが、その事件が起こる前は、イタチを心から敬愛し、とても懐いていた。

うちはイタチを倒した後に、うちはマダラからイタチの真実を聞き、実は家族殺害は木ノ葉の上層部の命令で行ったことや、木ノ葉によって失われた一族のルーツを知ることとなる。その結果、イタチを死なせてしまった後悔とともに深い悲しみと憎悪を増長させ、復讐者として、うちは一族を追い込んだ木ノ葉上層部を含む、木ノ葉の人間全てを殺すことを決意する。

ちなみに下忍のころは大変モテており、同期の山中いのや、ナルトの想い人である春野サクラからも想いを寄せられていた。

 

【春野サクラ】

本作のヒロインであり、ピンク色の髪に緑色の瞳を持つ少女で、ナルトの片思いの相手である。

成績優秀で、ハッキリした性格の持ち主。医療忍術に長けており、その体からは信じられないほど強烈な怪力を身につけている。口癖は「しゃーんなろー!」

可愛らしい外見をしており、その容姿は同期のロック・リーにも好かれ、その場で出会った男性に一目惚れをさせることがあるほど。

幼い頃から同期であり、同じ班だったうちはサスケに恋愛感情を抱いており、彼が抜け忍となった後も、その想いを捨てられずにいる。

広いおでこがチャームポイントだが、アカデミー時代は「デコリーン」などとあだ名を付けられ、おでこをからかわれていじめられていた事が原因で、前髪を伸ばしていた。

昔は気が弱く、泣き虫であったサクラは、山中いのと友人となり、リボンをプレゼントされ、それ以来前髪を中央で大きく分けるようになる。

 

【はたけカカシ】

忍者学校(アカデミー)を卒業した、うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラの担当になった先生。

左目を額当てで、顔の下半分をマスクで覆っている。非常に仲間思いで、人望野熱いが、マイペースな性格の持ち主で、待ち合わせにはしょっちゅう遅刻。その度にバレバレな言い訳を並べてはナルトとサクラに突っ込まれている。

ナルトの師匠である自来也が書いた「イチャイチャシリーズ」が好きでよく読んでいる。

普段は額当てで隠しているが、左目には傷があり、写輪眼をもっている。この眼により、相手の術などをコピーしてしまうため、周りからコピー忍者と恐れられている。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら