1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 漫画
  4. ナニワトモアレ 全巻高価買取中です!!

ナニワトモアレ 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • naniwa01
  • 本
ナニワトモアレの全巻・単品買取を本買取アローズでは積極的に行っております!ナニワトモアレのことなら、なんでもお問い合わせ下さい!

主なナニワトモアレ 全巻高価買取中です!!

  • ナニワトモアレ 全巻セットの買取価格:1,320~4,930円
  • ナニワトモアレ単品の買取価格:25巻~最新巻 50~250円
  • なにわ友あれ 全巻セットの買取価格:2,060~6,920円
  • なにわ友あれ単品の買取価格:28巻~最新巻 50~300円
  • 在庫の状況により変動することがあります。

ナニワトモアレ 全巻高価買取中です!!の買取実績

ナニワトモアレの買取実績を紹介いたします。

  • 512QDZ-lVrL._AA278_PIkin4,BottomRight,-43,22_AA300_SH20_OU09_

    ナニワトモアレ1~28巻を4,800円で買取りしました!

    以前兄から貰った漫画を読まなくなったので、買取に出すことにしました。買取店に行くのは面倒だったので、宅配買取を利用することにしました。コンビニからも発送することが出来たので、簡単に利用することにしました。

    千葉県 KO様 30代 男性

  • ダウンロード (2)

    なにわ友あれを1~31巻を6,720円で買取りしました!!

    なにわ友あれ完結したので買取に出すことにしました。セット買取を重視してくれる買取店を探していたところ、こちらのサイトを見つけました。宣言通りの高値買取で満足しています。ありがとうございました!

    大阪府 SI様 30代 男性

買取お申し込みはこちら

ナニワトモアレとは

ナニワトモアレとは、南勝久による漫画。
「週刊ヤングマガジン」で2000年に連載を開始し、2007年に1部終了。
同年3月発売の14号で2部「なにわ友あれ」開始。
1990年代の大阪を舞台に大阪環状線を走っていた環状族を描いた物語。
セリフは関西弁で書かれており、作者自身も環状族だったため、リアルなエピソードをつなぎ合わせたもの。
本作の背景は実在する場所であるが地名などは同一しないことがある。
また、登場人物の名前はフルネームではなくニックネームや省略が多く使用されている。

30%買取価格アップキャンペーン実施!

ナニワトモアレの買取を悩まれているお客様に嬉しいお知らせです。

ただ今本買取アローズでは、ナニワトモアレを買取に出してくださったお客様に

買取金額をさらに30%アップさせて頂くキャンペーンを行っております!!!

本買取アローズのご利用が初めての方も、迷われている方も

ぜひともこのキャンペーン中にご利用ください!!

 

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

当日集荷も可能!!

昼の12時半までに本の買取申込みのご連絡を頂いたお客様につきましては、当日中にご自宅等へ本の集荷に伺うことが可能です!!!

急ぎで本を現金に換えたいというお客様や、普段忙しくなかなか時間がとれないお客様には、昼の12時半までに申込みのご連絡を入れて頂くことにより、当日中の集荷が可能となりますので、ぜひこのサービスをご利用ください。

 

ナニワトモアレのキャラクター紹介

【グッさん】

本作の主人公でスケベで一途に思う性格なため、ナンパ目的で免許を取り、シルビアを購入。
先輩であるヒロが会長を勤めるトリーズンに入会するが様々な出会いを通じ、走り屋として本気になっていく。
坊主頭で額に事故の時に傷があり、現在は土木作業員として働いている。
喧嘩の得意技は飛び蹴りで、ヌンチャクを常にダッシュボードに入れている。
偽トリーズン事件が解決するまではユウジと対立していたため、トリーズンを脱退しマーボと共にハマダ、サトシを誘いスパーキーレーシングを立ち上げた。

 

【マーボ】

グッさんの友人で坊主頭に貯金箱ハゲがある。
普段は建設工事の現場監督をしている。
ケンカっ早い性格でケンカの際は土木作業で培った腕力で押し切っている。
トヨタ・スプリンタートレノに乗っていたが事故で廃車をしてしまい、スカイラインに乗る。
環状族に反対していたジュンコとはスカイラインを買った機に別れることになる。
現在はグッさんと共にトリーズンを脱退し、スパーキーレーシングを立ち上げた。

 

【ヒロ】

グッさんの先輩でトリーズンの初代会長で中古車店の店主をしている。
人望があり、族にしては最強でチームのみんなに対しての面倒見がいい。
決めゼリフは「環状なめんなよ」。
ヒロのワンダーシビックはVTECにも劣らない性能を叩き出すために、本格的にチェーンをしている。

 

【ゼン】

ヒロとヒゲと同期で作品最強人物。
得意技は怪力の実印張り手で二発で誰でも倒すことができ、さらに足も物凄く速く100メートルを3秒で走ると自称している。
好物はカラアゲくんのレッドとトマトジュース。
モメ事は関わると大変なことになるためヒロとヒゲにはのけ者にされていて、何かにぶつかりながら運転をするためお世辞にもあまり上手いとは言えない。
また、ゼンの乗るワンダーシビックは2台目であり、1台目は警察に没収された。

 

【ヒゲさん】

ヒロやゼンの同期でトリーズンのサブリーダー的存在。
しっかり者で男気があり、面倒見がいいタイプ。
グッさんとマーボがトリーズンを脱退する時の挨拶をしに行き、相談役をしてくれた。
その時はヒロさんは逮捕されており、ヒゲさんも逮捕されたがすぐに釈放された。

 

【ハマダ】

坊主頭にソリコミがはいったゼンの舎弟。
ケンカもかなり強く得意技は強烈なハイキック。
自分の技に名前をつけ、「ドラゴンポテトドッグキックフィッシュ」などがあり、知っている英語を並べただけという。
ゼン専属の運転手は走りに関してはほぼ素人である。
ユウジと仲が悪く、トリーズンには入っていなかったが、ヒロ達の引退後グッさん達に呼ばれスパーキーレーシングに参加している。
ワルの世界では名前が広いハマダであり、彼に呼び出されるとろくなことがないと後輩からは思われている。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら