1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 漫画
  4. ギャラリーフェイク 全巻高価買取中です!!

ギャラリーフェイク 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • cal01
  • 本
ギャラリーフェイクの全巻・単品買取を本買取アローズでは強化中です!ギャラリーフェイクのことなら、なんでもお問い合わせ下さい!

主なギャラリーフェイク 全巻高価買取中です!!

  • ギャラリーフェイク全巻セットの買取価格:855~2,992円
  • ギャラリーフェイク単品の買取価格:50~100円
  • ギャラリーフェイク(文庫)全巻セットの買取価格:1,040~3,640円
  • ギャラリーフェイク DVD-BOX BLUE:1,620~6,370円
  • ギャラリーフェイク DVD-BOX GREEN:2,600~9,093円
  • その他買取価格につきましてお問い合わせ下さい。
  • 在庫の状況により変動することがあります。

ギャラリーフェイク 全巻高価買取中です!!の買取実績

ギャラリーフェイクの買取実績を紹介いたします。

  • 51GMUwZsgCL._AA278_PIkin4,BottomRight,-40,22_AA300_SH20_OU09_

    ギャラリーフェイク漫画全巻を2,910円で買取りました!

    お気に入りの漫画で長い間大切にとっておいたのですが、思い切って売ることにしました。以前本買取アローズさんに高価買取していただいので今回もお願いしました。前回同様、査定報告も早く高値で買取ってもらえたので満足です!

    兵庫県 AT様 30代 女性

  • ダウンロード (2)

    ギャラリーフェイク文庫版全巻セットを3,640円で買取ました!

    引っ越しすることにしたので、家にある漫画を処分しました。引越しの準備で忙しく、買取店に持って行くよりもらくだと思い本買取アローズさんを選びました。当日集荷をしていただいたので、想像以上に早く換金出来て良かったです。

    千葉県 RO様 40代 女性

買取お申し込みはこちら

ギャラリーフェイクとは

ギャラリーフェイクとは『ビッグコミックスピリッツ』で1992年から不定期連載されたサスペンス漫画。
単行本は全32巻、小学館文庫版は全23巻。

舞台は贋作・レプリカ専門のアートギャラリー『ギャラリーフェイク』
元メトロポリタン美術館キュレーター(学芸員)という経歴を持つオーナー・藤田玲司が、様々な登場人物と共に世界を駆け巡る。
多種多様な美術品を通じて「アートとは何か?」を追い求める推理サスペンス。

2005年にテレビアニメが放映された。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

ギャラリーフェイクの買取を検討中だというお客様に嬉しいお知らせです!

ただいまキャンペーン中で、お申込み頂いたお客様の買取金額を30%アップさせていただいております!

買取アローズから皆様への感謝の気持ちでございます。

まだ迷っていらっしゃるのでしたら、ぜひ今がチャンスです!どうぞご利用ください。

 

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

当日集荷OK!!!!

正午12:30までに本の買取申込みのご連絡を頂いたお客様に限りまして

当日中にご自宅等へ本の集荷に伺うことが可能になります!!

急ぎで換金したいというお客様や、普段忙しくなかなか時間がとれないお客様にはオススメです。

当日中の集荷をご希望のお客様は、ぜひこのサービスをご利用ください。

 

ギャラリーフェイクのキャラクター紹介

【藤田玲司(ふじたれいじ)】

主人公。年齢は30代後半。
贋作・複製などの美術品専門アートギャラリー「ギャラリーフェイク」のオーナー。
ニューヨーク・メトロポリタン美術館の元キュレーター(学芸員)という経歴がある。
美術に関する深い知識とセンスを持つ。
作品鑑定の眼力と修復・修理の腕は一流で、美術業界においてその能力は高く評価されている。
語学も堪能であり、多国語を器用に操ることが可能。
基礎体力は女性以下で、運動嫌い。
独身で、安いアパートに独りで住んでいる。
表向きは贋作専門ギャラリーの「ギャラリーフェイク」だが、裏では…。

 

【サラ・ハリファ】

メインヒロイン。
中東某国の出身。
ある事件をきっかけに、半ば押しかける形で「ギャラリーフェイク」に居つき、藤田の助手となる。
美術に関しては素人だが、鋭敏な美的センスを持っている。
明るく天真爛漫で、直情的な気分屋。
遺族から相続した莫大な資産でとんでもない大人買いをたびたびしたり、お金に困った藤田に貸すこともある。
藤田に好意を持っているが、当人からは子供扱いされている。

 

【三田村小夜子(みたむらさよこ)】

凖ヒロイン。
若くして高田美術館の館長を務める才女。
日本人女性初のニューヨーク近代美術館のキュレーターという経歴を持つ。
異名は「美術界のジャンヌ・ダルク」
日本の美術業界から贋作や不正を一掃することを自らの使命としている。
MET時代の藤田を尊敬し、実力を認めているが、彼が裏ビジネスに関わっていることを厳しく非難する。

 

【エリザベータ・デル・ジョコンダ】

イタリア人の少女。愛称は「リザ」
一時期一緒に住んでいたサラも手を焼かされるほど、腕白で抜け目のない性格。
母親・フローラはかつて藤田と恋仲になった女性であり、自分を藤田の娘だと言って藤田に近づいた。
カラオケが大好き。
ある事件の後、藤田の養女として迎えられる。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら