1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 漫画
  4. エリアの騎士 全巻高価買取中です!!

エリアの騎士 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • eria02
  • 本
エリアの騎士の全巻・単品買取を本買取アローズでは積極的に行っています!!エリアの騎士のことならなんでも、本買取アローズにお問い合わせ下さい!

主なエリアの騎士 全巻高価買取中です!!

  • エリアの騎士 全巻セットの買取価格:2,300円~6,490円
  • エリアの騎士の単品の買取価格:38巻~最新巻 50円~250円
  • エリアの騎士DVDの買取価格につきましてはお問い合わせ下さい。
  • 在庫の状況により変動することがあります。

エリアの騎士 全巻高価買取中です!!の買取実績

エリアの騎士の買取価格の実績をご紹介致します。

  • imgres

    エリアの騎士 全巻セットを6,200円で買取りました!

    最近漫画に興味がなくなったので、買取に出しました。41冊ものコミック本を買取店まで持っていくのは気が引けたので、宅配買取を選びました。特に手数料がとられることもなく、自宅まで業者さんが取りに来てくれたので楽でした。

    静岡県 OI様 30代 男性

  • imgs

    エリアの騎士 1巻~35巻をセットで4,710円で買取りました。

    途中から集めることをやめてしまったので売りました。本買取アローズさんは、買取価格が他店より高めと聞いたので選んだところ、本当にそうでした。ありがとうございました。

    神奈川県 TA様 20代 男性

買取お申し込みはこちら

エリアの騎士とは

エリアの騎士とは、2006年に「週刊少年マガジン」で連載開始されたサッカー漫画。
中学生の主人公・逢沢駆は、天才少年サッカーである兄・逢沢傑の活躍に憧れながら、兄と同じサッカー部でプレイヤーではなくマネージャーとして働いていた。
ある日、駆と傑の2人はトラックによって不慮の交通事故に遭ってしまう。駆は一命を取り留めたものの、兄の死という残酷な現実を知ることになる。その後サッカー部を退部し、おもしろくない学生生活を送るが、突然まるで体に兄の傑が乗り移ったかのような出来事がおこる…。
少年たちが、中学・高校のサッカー部での活動を通じ、全国大会からその先の世界を目指していく愛と絆の熱いコミック。
2011年にはアニメ化が発表され、2012年の1月から9月にかけて全37話放送された大ヒットコミック。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

ただいま、エリアの騎士の買取にお申込み頂いたお客様には

買取金額を30%アップさせていただくキャンペーンを行っております!!

通常の高価買取加え、30%アップという喜ばしいキャンペーンです!

また、現金で30%アップ分をお支払いしますので、ご安心下さいませ。

買取を迷われている方や初めての方も、ぜひこのキャンペーン中にご利用ください。

 

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

4つの無料特典!!!!

本買取アローズでは、お客様の負担を減らすために4つの無料特典をご用意しております。

本の見積りに必要な査定料、本を包む梱包材料費、送るための送料、査定までにかかる手数料の全てが無料となっております!

初めてのお客様は、余計にお金がかかるのではないかと不安だと思います。

しかし、本買取アローズでは以上の特典でお客様の負担を減らしておりますので、安心してご利用ください。

 

エリアの騎士のキャラクター紹介

【逢沢駆(あいざわ かける)】

本作の主人公で高校1年生。ポジションはフォワードで背番号14番。

小学校6年の時に親友の日比野に重傷を負わしてしまったこがトラウマになり、しばらくの間サッカー部のマネージャーをやる日々を送っていた。

ある日思い切ってサッカーを止めようと思った矢先に兄とともに交通事故にあ遭う。駆自身は深刻な状態に陥っていたが、心臓移植のおかげで一命を取り留めることができた。だが、兄の死と奈々からの真実を聞き苦しむことになる。

しかし、兄の書いたある日記を読んだことで再びサッカーを始めることに。

後に賭は兄の理想のストライカー、「エリアの騎士」になり、日本代表のユニフォーム「サムライブルー」を着て世界に羽ばたくこと。

 

【美島奈々(みしま なな)】

本作のヒロイン。が想いを寄せる人物であり、2人はとても仲がいい。

アメリカ生まれであり、ポジションはミッドフィルダーで背番号7番。

駆より早くにプロになり、現在はなでしこジャパンの一員である。愛称「セブン」。

武器は「天才」といわれるサッカーセンスと「ウィッチ・ターン」。プレー以外でも才能を発揮しており、選手の指導や考案などをしている。

駆が「サムライブルー」のユニホームを着る日を心待ちにしている。

 

【逢沢傑(あいざわ すぐる)】

駆の兄。ポジションはミッドフィルダーで鎌倉学館中等部にキャプテンであり、Uー15日本代表のエース。

10歳でU−12日本代表に出て、世界のでトップをエースで戦い続けた天才。救世主とも言われていた。

心優しき人物であり。駆の前ではきびしかった。

 

【佐伯祐介(さえき ゆうすけ)】

高校1年のミッドフィルダー。背番号「6」で、日本代表の時は背番号12。

駆の同級生でもあり、親友でもある。

駆とともに日本代表になる夢を持ち、日々厳しい練習を耐えぬく仲間であり、駆の才能を一番に見抜いた人物である。

武器はこれまでにないゲームメイクと力をつけたシュート力であり、チームメイトに貢献している。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら