1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 教材・教科書
  4. 赤本

赤本

2015日迄

  • r02
  • 本
赤本の買取を本買取アローズでは積極的に行っています。

主な赤本

  • 医学部全般(2016年度版)の買取価格:650円~
  • 医学部全般(2015年度版)の買取価格:650円~
  • 薬学・看護・歯学・医療学部(2016年度版)の買取価格:550円~
  • 薬学・看護・歯学・医療学部(2015年度版)の買取価格:350円~
  • 国公立・市立大学(2016年度版)の買取価格:350円~
  • 国公立・市立大学(2015年度版)の買取価格:350円~
  • 私立大学(2016年度版)の買取価格:350円~
  • 在庫の状況により変動することがあります。

赤本の買取実績

赤本の買取実績を紹介致します。

  • 51Y4FjKThNL._SY344_BO1,204,203,200_

    京大・阪大・市大の赤本等35冊まとめてお売り頂き、7,620円で買取させていただきました。

    無事受験に合格したので、受験勉強で使った赤本・参考書・問題集をまとめて買取に出しました。送料無料なうえ買取査定・振込が早かったので満足しています。使用感がけっこうあるかなと不安だったのですが、買取価格は高く安心しました。また機会があれば利用させて頂きたいです。

    大阪府 KT様 10代 男性

  • 710MXAP2Q2L

    日本大学・日本医科大の赤本等50冊をまとめてお売り頂き、10,900円で買取させていただきました。

    引っ越しをすることになったので、今まで使用していた参考書、問題集、テキスト、赤本などを一気に買取してもらうことにしました。元々捨てるつもりだったので、これほど良い値段をつけていただけて嬉しかったです。ぜひ、これからの受験生に役立ててもらえればと思います。

    愛知県 MU様 20代 女性

買取お申し込みはこちら

赤本

中学校や高校、大学の受験勉強のために赤本を購入した方も多いのではないのでしょうか。

60年の伝統と実績がある赤本は多くの受験生が利用しています。
中学校・高校・大学それぞれの学校・大学の出題傾向に合わせた対策がされており、受験前には書店にたくさんの赤本がずらりと並びます。
1冊あたり千円台の赤本もあれば、3千円台の赤本もあり、いつかの学校・大学を受験される方は赤本を数冊購入される場合もありますよね。

受験後、その赤本はどうなっていますか??
使用することがなくなり、本棚や引き出しの中に眠らせていたり、捨ててしまったりしていませんか?
高い金額を払って購入した赤本をそのようなことにしてしまうのは非常に勿体無いです。
本買取アローズでは皆様の価値ある赤本を高値で買取させて頂き、皆様の代わりに、後輩方の手元へお届けします!

東京大学・京都大学・神戸大学などの有名国公立や私立大学の赤本もしっかり高値で買取させていただきます。
疑問点がありましたらお電話もしくはメールでお気軽にご相談下さい。

赤本はもちろんのこと、駿台予備校の出版社「駿台文庫」から出ている青本や、河合塾の「河合出版」が出している黒本も買取することができます。
送料無料となっておりますので、ぜひともまとめてお売り下さい。

30%買取価格アップ+10%買取価格アップキャンペーン!!!!

本買取アローズでは、ただいま買取申込を頂いたお客様を対象に買取価格を30%アップさせていただくキャンペーンを行っております。

また教科書買取強化中に赤本買取をお申込み頂いたお客様にはさらに10%アップさせて頂いております!!!

このキャンペーンは本買取アローズから皆様への日頃の感謝の気持ちです。

買取申込をご検討中のお客様、ぜひこの機会がチャンスです!

買取に関して疑問点がありましたら、お気楽にご相談下さい。

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

業界トップの高価買取!

本買取アローズの高価買取は日々のコスト削減により実現しております。

当社では、大手他社とは異なり実店舗をあえて構えず、買取の場をWEBのみにした無店舗経営をしております。

そのため、実店舗で必要となる人件費や家賃などのコストを大幅に削減しております。

また、オペレーションによる完全システム化によって、さらに人件費を削減することができ、

これらのコスト削減分を買取価格に上乗せすることにより、他社よりも高い買取価格を実現することが可能となりました。

お客様に満足していただけるよう、これからも日々コスト削減に努めてまいります。

駿台文庫<青本>

無題

 

赤本の他にも有名な大学入試の過去問題集があります。
その一つとして、駿台文庫が発行している青本があります。
青本は難関大学に特化した問題集で、現役の駿台予備校の先生が過去問題を分析した上で、今年の傾向と対策を細かく解説しています。赤本の解説は模範解答のようなもので、確認作業に近くなってしまいますが、青本は解説が丁寧なため、青本を使って受験勉強ができます。
ただし、赤本がたくさんの国公立・私立大学を網羅しているの対して、青本では北海道大学、東北大学、東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、早稲田大学、慶応義塾大学といった難関大学やセンター試験の過去問だけしか発行されていません。また、赤本と比較すると、かなり収録年数が少ないことも特徴です。
ですので、志望校の青本がある方は解説が丁寧な青本と過去問が多い赤本の両方を購入する方が多いです。

本買取アローズでは、赤本はもちろん、青本もしっかり高価買取させて頂いております。
送料無料で、どこよりも高い値段で買取させていただきますのでお気楽にお問い合わせ下さい。
青本がご自宅にある方は是非お売り頂ければと思います。

河合出版<黒本>

無題

 

赤本の他にも有名な問題集として、駿台文庫が出している黒本と呼ばれる「大学入試センター試験過去問レビュー」と「河合塾マーク式総合問題集」があります。
大学入試センター試験過去問レビューには、国語、英語、数学ⅠAⅡB、物理、化学、生物、地学、日本史b、世界史B、物理B、現代社会、倫理・政治・経済があり、センター試験、追試験が詳しい解説とともに掲載されております。
河合塾マーク式総合問題集には、国語、英語、数学IA、数学IIB、日本史B、世界史B、地理B、現代社会、倫理、政治・経済、物理、物理基礎、化学、化学基礎、生物、生物基礎、地学、地学基礎があり、大学入試センター試験対策の模試試験「河合塾全統マーク模試」より過去問題が収録されています。

黒本は過去に出題された分野が一覧表になってまとめられているため、効率よく受験勉強ができる問題集です。また、得点分布表、設問別正答率、設問別成績一覧表が載っているため、全国レベルでの偏差値など今の自分の学力を測る事ができます。
さらに、黒本は他の問題集と比較すると解説がとても丁寧でわかりやすいです。間違っている選択肢の解説や、どこを注意したらよいかなどの説明文もあり、出題の意図や着眼点を理解しやすくなっています。

赤本の他にも、こちらの黒本も買取強化商品ですので、ご自宅にある方は是非お売り頂ければと思います。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら