1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 鬼滅の刃 全巻高価買取中です!

鬼滅の刃 全巻高価買取中です!

2015日迄

  • 鬼滅の刃4
  • 本
本買取アローズでは「鬼滅の刃」漫画・シリーズ商品を高価買取しています!コミック1冊から全巻セットまでお任せください!

主な鬼滅の刃 全巻高価買取中です!

  • 鬼滅の刃:50~200円
  • 鬼滅の刃セット:500~1,000円
  • 在庫の状況により変動することがあります。

鬼滅の刃 全巻高価買取中です!の買取実績

こちらでは「鬼滅の刃」の買取実績とご感想をご紹介いたします!

  • 鬼滅の刃2

    鬼滅の刃の漫画など計30冊を3,620円で買取りました!

    漫画を売りたいと思いながら溜め込んでいたので、いい機会だなと思い宅配買取を利用させてもらいました。買取価格も良かったですし、なにより集荷が早かったです。良くできたサービスだなと感心しました。

    香川県 HM様 30代 男性

  • 鬼滅の刃3

    鬼滅の刃の漫画など計25冊を3,080円で買取りました!

    宅配買取を初めて利用しましたがこんなに手軽で便利なんですね。近くに買取店がなくて中々売りに行く時間が取れなかったので今回買取に出せてよかったです。

    富山県 MR様 20代 女性

買取お申し込みはこちら

鬼滅の刃(きめつのやいば)とは

週刊少年ジャンプで連載されている鬼滅の刃(きめつのやいば)は、時代劇漫画として注目されています。JUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞した読み切り漫画が全身となっており、鬼をテーマにした漫画になっています。身体破壊、人食いといったハードな描写から不死性をコミカルに描くなど、シリアスとコメディの両方を取り入れています。

登場人物達の名前は創作の他にも、奇抜に見えて実在する姓名が多用されています。こち亀で有名な秋本治先生は鬼滅の刃(きめつのやいば)のファンであり、単行本5巻帯に描きおろしイラストを寄稿したりしています。

鬼滅の刃(きめつのやいば)は、鬼となった妹を治すために主人公・竈門炭治郎が戦っていく極めてシンプルなストーリーです。独特な世界観と和風な絵柄が特徴であり。癖の強さからジャンプらしくないと評価されることもありますが、ハマる人はドハマりするほどに面白いです。

舞台となるのは大正時代。炭を売って生計を立てていた主人公は、自身の留守中に鬼に家族を殺されてしまいます。生き残っていた妹も凶暴な人食い鬼へと変貌し、鬼にされた妹を戻すため、家族を奪った鬼を追うために妹共に旅へと出ます。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

鬼滅の刃(きめつのやいば)の漫画を売りたいと考えているお客様にうれしいお知らせ!
只今、本買取アローズで鬼滅の刃(きめつのやいば)の漫画を宅配買取で申し込まれますと買取金額が30%UP!
漫画や小説などのすべての商品が買取対象となり、買取を申し込まれた商品に適用されます。
ご利用頂いているお客様に、日頃の感謝を込めた期間限定キャンペーンとなっていますので、是非ご利用下さい!漫画以外の買取も受け付けておりますので、この機会にご利用ください。

 

※上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適用後の価格となっております。

本買取専門スタッフによる厳密査定!

本買取アローズでは、経験と実績を積み重ねた買取査定スタッフが、お客様の商品を丁寧に査定致します。
他店よりも査定結果をスピーディーにお伝えすることが可能ですので、お急ぎの方は是非申込み下さい。
買取査定金額も、期間限定で30%UPするキャンペーンを実施していますので、お見逃しなく。梱包キットも無料ですのでお気軽にお申し込みください。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)のキャラクター紹介

【竈門 炭治郎(かまど たんじろう)】

鬼滅の刃(きめつのやいば)の主人公。外出中に家族を殺戮され、生き残った妹も鬼になり襲われ死にかける。悲劇に見舞われながらも、妹を元に戻すための力を求め旅へと出る。鬼に対しては、家族のこともあり怒りを露にすることも多いが、かつで人であった同情や哀れみも持ち合わせる。心が優しい少年であり、長男で会った為に面倒見も良い。強情で天然なところもあるが、妹のことを大切にしている。

 

【竈門 禰豆子(かまど ねずこ)】

ヒロインであり主人公の妹。鬼に襲われた際に唯一生き残るが、傷口に鬼の血が入り込んだことで人食い鬼へと変貌してしまう。変貌直後は兄を食らおうとするが、兄が傷つけられると庇うような仕草を見せる。人間は家族だと暗示をかけられた後は、炭治郎と共に鬼と戦う。鬼化の影響から、身体能力が高く、大きさを自由に変化させることが可能。日光を避けるために養女になったりすることもできる。

 

【我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)】

最終戦別で生き残った5人のうちの一人。初対面の女性に求婚しているところを通りがかった主人公に見咎められる。臆病な性格で、太い眉が特徴。口癖は「死ぬ」「怖い」「助けてくれ」などすぐに一人に擦りつく情けないい人物。しかし、人の大切なものを守ったりと、普段の態度からは考えられない一面も持っている。

 

【嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)】

獣の皮とイノシシの頭を被った、鬼のひしめく館に現れた戦闘狂。女性と見間違うほどの美少年だが、戦える相手を見るとみ栄えなく勝負を仕掛けてくる。主人公の天然パワーにいなされながらも共に行動している。山の生活に慣れており、研ぎ澄まされた感覚で相手の位置を捕捉することができる。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら