1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 昭和元禄落語心中 全巻高価買取中です!

昭和元禄落語心中 全巻高価買取中です!

2015日迄

  • 昭和元禄落語心中1
  • 本
落語心中の漫画単品、全巻セットを本買取アローズでは全力で買取しております!落語心中を売るなら、当社にお任せください!

主な昭和元禄落語心中 全巻高価買取中です!

  • 昭和元禄落語心中 全10巻セット:500~1,850円
  • 昭和元禄落語心中 各コミック:100~380円
  • 昭和元禄落語心中 -助六再び篇- DVD BOX 期間限定版:5,000~15,500円
  • 昭和元禄落語心中 Blu-ray Disc 「数量限定生産版」:600~3,000円
  • 在庫の状況により変動することがあります。

昭和元禄落語心中 全巻高価買取中です!の買取実績

本買取アローズで昭和元禄落語心中をお売りいただいた買取実績を一部公開しています!

  • 昭和元禄落語心中3

    昭和元禄落語心中の漫画など計55冊を6,770円で買取しました!

    アニメが終わってしまった漫画などをまとめて買取に出させてもらいました。もう少し早めに買取に出すべきだったかなと思いながらもかなり高い金額で買取してもらえたのでうれしく思います。さすがに50冊超えると重たいなと思いましたが宅配買取なので楽に売り出せましたね。

    長野県 SR様 30代 男性

  • 昭和元禄落語心中5

    昭和元禄落語心中の漫画など計45冊を5,150円で買取しました!

    本買取アローズは買取のスピードが早いとのことだったので物は試しと思い宅配買取を申し込んでみました。査定スピードはほんとに早くて入金も早かった。漫画の買取価格もいいんじゃないかなって感じました。宅配買取なんで自分の好きなタイミングで売りに出せるのが便利です。

    滋賀県 YK様 30代 女性

買取お申し込みはこちら

昭和元禄落語心中とは

昭和元禄落語心中(しょうわげんろくらくごしんじゅう)は雲田はるこ氏によって描かれた落語漫画です。アニメ化されたことでも話題となり、第21回手塚治虫文化賞新生賞など多くの賞を受賞しています。落語を巡る愛憎劇に巧みな心理描写を織り交ぜており、昭和落語界を舞台とした人情落とし噺として楽しむことが出来ます。

舞台となるのは架空の昭和時代。昭和台語の大名人である有楽亭八雲に押しかけ弟子として志願してきたのは元チンピラの与太郎。内弟子を一切取らない八雲は与太郎を受け入れることとなるのですが、底から始まるのは一人落語界に残差r多八雲の知らざる過去。

孤独で孤高な男と、才能の持ち主が同門でであい芸について追及するのですが、色街や男女・疑似家族などが絡みながら落語という存在を精密に描いています。「昭和元禄落語心中」では、与太郎放任編、八雲と助六編、助六再び編と大きく分けられており、落戦前からバブル以降までを細かく表現しています。

八雲は、弟子となった与太郎に対して「破門しない代わりに3つの約束を守ること」と自身と助六についての昔語りを始めます。2人の落語家の出会い、落語の行く末について描かれた「昭和元禄落語心中」は涙を流しながら深く感動できる漫画となっています。

30%買取価格アップキャンペーン実施!

昭和元禄落語心中の漫画買取をお考えの皆様にお得なお知らせがあります!
現在本買取アローズでは、昭和元禄落語心中を宅配買取でお申込みいただいたすべての方を対象に
買取価格が30%UPするお得なキャンペーンを実施しています!
当社を利用したことがないという方も、是非この期間中にご利用ください!

 

※上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適用後の金額となります。

 

4つのお得な無料特典!

宅配買取をお申込みいただいたお客様には、4つのお得な無料特典がございますよ!
本買取アローズでは買取の際にかかる査定料、本を梱包するための梱包材料、
本を送るための送料、手数料、これら全てが無料となっています!
ご利用が初めてのお客様でも利用しやすいサービスですので、是非ご利用下さい。
皆さまからの買取査定のお試しをお待ちしております!

 

昭和元禄落語心中のキャラクター紹介

【与太郎(よたろう)】
「昭和元禄落語心中」の主人公。天涯孤独の元チンピラであり、刑務所で服役しているときに聴いた八代目八雲の死神に感動し、出所後八雲に弟子入り志願する。1人の弟子も取っていなかった八雲の気まぐれで許しを得て、無事に入門となる。落語好きの父が居たため幼少期にヤクザの兄貴に拾われ犯罪に手を染めながら育ってきた過去がある。入門後はしばらく師匠である八雲に稽古をつけてもらえない日が続いていた。小夏が持っていた亡父・助六のネタ帳やレコードから自信との気質の近さを感じ、芸風を取り入れる。

 

【八代目 有楽亭 八雲(ゆうらくてい やくも)】
昭和最後の大名人と称されている人気の落語家。仏頂面で杖を突いて歩いており、繊細かつ神経質な性格。礼儀作法に厳しく辛辣な物言いをするが愛想を欠かすことは無い。弟子を取らないで有名だったが、気まぐれで与太郎を弟子として迎える。古典落語一筋の芸風で、歌や踊りなど落語以外の芸にも精通している。経験と鍛錬に裏打ちされた確たる技を持った偉大な落語家。

 

【小夏(こなつ)】
かうて天才と謳われながらも早逝した二代目助六の一人娘。両親を失った後は父の兄弟弟子であった八雲の養女として育てられる。亡き父を敬愛しており、実父と因縁深い八雲のことは両親の事故に関係していることから逆恨みに近い感情を抱いている。

 

【菊比古(きくひこ)】
八代目八雲の二つ目時代の名前。右足が幼少のころから不自由であり、外では杖が手放せない。芸者の家に生まれ男子ながらも修行をしていたが足のケガで断念。母が世話になっていた七代目八雲の元に引き取られる形で追い出されることとなる。望まない形で入門したため落語に興味がなかったが、初太郎(二代目助六)に惹きつけられ落語を続ける。

 

【初太郎/二代目 有楽亭 助六(ゆうらくてい すけろく)】
小春の父であり八雲と同い年。2つ目途中で助六を襲名した。入門のきっかけは「八雲」の名跡が欲しいことから七代目に入門を志願。寄せ場で幼少の頃から育っており天涯孤独の身だったが、親代わりであった初代助六が毎日のように落語を聞かせており、入門時点ではいくつかの落語を取得していた。落語を残すためには伝統守り変化を受け入れることが必要だと思っており、伝統を守る役目は菊比古のような落語が、自身は施錠に合わせ変化する落語を志すが、師匠・八雲にとって助六は因縁深い相手でありその姿勢が認められず破門となる。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら