1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 累(かさね) 全巻高価買取中です!!

累(かさね) 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • 累(かさね)画像4
  • 本
本買取アローズでは累(かさね)の漫画・シリーズ商品を高価買取しています!コミック1冊から全巻セットまでお任せください!

主な累(かさね) 全巻高価買取中です!!

  • 累(かさね)の各コミック:120円~300円
  • 累(かさね)の最新刊:200円~350円
  • 累(かさね)の全巻セット:800円~1,800円
  • 在庫の状況により変動することがあります

累(かさね) 全巻高価買取中です!!の買取実績

実際に本買取アローズで累(かさね)をお売りいただいた実績とお客様から寄せられたご感想を掲載しています。

  • 累(かさね)画像2

    累の漫画など計40冊を4,050円で買取りました!

    話題の漫画が発売される買ってたんですけど、本棚がいっぱいになってきたので断捨離しようってことでいくつか売らせてもらいました。単行本が少ない漫画を中心に売ったので買取額はどうなんだろうって思ってましたが、良い値段で売れたんで良かったです。

    奈良県 YY様 30代 男性

  • 累(かさね)画像3

    累の漫画など計31冊を3,580円で買取りました!

    売りたい漫画が多かったのと小説や教科書も売りたかったので宅配買取を利用させてもらいました。以前友達が宅配買取を利用したことがあったこともあったのでスピードが早いってのは知ってたんですけど、想像してたより早かったです。買取査定額もも高かったと思います。また売る時は利用したいですね。

    千葉県 NA様 20代 女性

買取お申し込みはこちら

累(かさね)とは

「累(かさね)」とは、講談社イブニングにて連載がスタートした漫画です。
第19回イブニング新人賞優秀賞を受賞した松浦だるまの連載デビュー作であり、人間と向き合う題材の多い漫画となっています。実写映画化もされており、美し少女と醜い少女の相反する二人に注目が集まりました。

主人公は伝説の女優であった母とは似ても似つかない醜い顔をしており、周囲からは心無い仕打ちを受けていました。母の形見には、口紅を塗り口づけをすることで顔を入れ替える能力があり、母も他人の顔を奪っていたことを知ります。卓越した広いが、口紅の力によって舞台女優の道を歩む姿が見どころです。

顔を入れ替えられる時間は12時間程。丹沢ニナと知り合い、ニナの顔で女優の道へと歩む主人公は成人後人気女優となります。
美しいものであるという絶対的自信、そして美しいものが演じるとことへの賞賛。美しさの裏にある醜さや揺れ動く心情に引き込まれていきます。

絶好の状況であっても自責の念に押しつぶされそうになる。そんな主人公の心情や葛藤に注目してほしいです。ドロドロ感や悲哀、昼ドラなどが好きな方におすすめしたいです!本買取アローズでは「累-かさね-」を買取しています。漫画の買取を希望される方は申込み下さい。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

「累-かさね-」の漫画を買取するなら今がおすすめです!
本買取アローズではただいま、キャンペーン期間内に宅配買取を申込まれたお客様を対象に『買取価格30%UPキャンペーン』を実施中です。漫画や小説はもちろん、ゲームやフィギュアといった商品すべてが対象となっています。とってもお得なキャンペーンですので、お見逃しなきようご利用ください!買取点数が多ければ多いほど買取査定額もUPしますよ。

 

※上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適用後の価格となっております。

 

当日集荷、スピード対応!

本買取アローズでは、昼12時半までに買取の申し込みをされると、当日中の集荷が可能となります。店舗に行かないで出来るだけ早く売りたいという方におすすめです。忙しくて買取に行く時間が無い方、買取に出したい漫画が多い場合などにご利用ください。手数料や送料等はすべて無料!また、買取査定の金額をお客様にお知らせしてから48時間以内は、キャンセル料がかかりません。

 

累(かさね)のキャラクター紹介

【淵累 (ふち かさね)】
「累(かさね)」の主人公であり、伝説の女優と謳われた淵透世の娘。母とは似ても似つかない醜い顔であった累は周囲からいじめを受けており、容姿故に不幸な幼少時代を過ごしていました。自分の幸せのためには何でもやるという業の女である一方で人並みの優しさは持っており、自責の念に囚われることも。圧倒的な演技力と卓越した才能を持っており、口紅で顔を変えることによってさらに演技に磨きがかかっています。自分が醜い存在であることから、他者を演じている自分こそが本物の自分であると思い込むほどに変身願望が強いです。

 

【丹沢ニナ (たんざわにな)】
主人公の累と契約した第一の相手。人の目をひく美貌を持っており、主人公からは遠くまで光を届けるダイヤモンドのようと称される。女優として活動はしていたもののほぼ無名の存在であり、眠り姫症候群のせいで演技に集中できないでいました。両親から2年以内に女優になれなければ諦めろと言われており、かさねに代役を務めさせていたのですが、売れっ子女優へと変貌した丹沢ニナ(累)の姿と自分の今の現状との落差に苦しみます。

 

【野菊 (のぎく)】
累の腹違いの妹。透世の姿とあり方だけを愛していたい父により、幼いころから家の中に閉じ込められていました。一般常識が欠けており、自身の母が美しさ故に利用され不幸となったことや、父からの強要、執着から「美しさ」「演技」に対して嫌悪感を抱いています。二人の姉妹は似ても似つぬ真逆の価値観を持っており、「サロメ」という演劇をきっかけに知り合うこととなります。

 

【淵 透世(ふち すけよ)】
累の母であり、伝説の女優とたてられていた女性。故人であり、漫画の中では幻覚のようあ姿で登場します。元々は累同様に醜い姿の持ち主であり、古郷では隔離された存在でした。淵 透世として女優デビューを果たし、美貌と演技力からトップへと昇りつめます。幼い累に対し本当につらいことがあれば自分の口紅を使うようにと伝えていた。

 

累(かさね)に出てくる口紅と母のルーツは一体何なのか…気になりますよね。人間の心情を巧みに描いた漫画になっていますので、ぜひご覧ください。本買取アローズでは買取も行っていますので、売却をお考えの方はご連絡お願いします。

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら