1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 君の名は。

君の名は。

2015日迄

  • 君の名は。の画像
  • 本
君の名は。の漫画や関連グッズなどの買取を本買取アローズでは超強化しております!君の名は。のことなら、お気軽にお問い合わせ下さい!

主な君の名は。

  • 君の名は。の文庫本買取価格:235~1,400円
  • 君の名は。のカレンダー:1,080~1,620円
  • 君の名は。のピアノ楽曲本:1,944~4,920円
  • 君の名は。の小説を含む本:1,770~2,000円
  • 君の名は。のジグソーパズル:2.018~3,456円
  • 君の名は。小説を含む新海誠特集:900~1,341円
  • 君の名は。のオリジナルノート:999~1,413円

君の名は。の買取実績

君の名は。の買取実績を紹介いたします。

  • 君の名は。の画像

    君の名は。の文庫本を1,500円で買取ました!!

    君の名は。は映画でも見たけど、文庫本でも当時は勢いよく買ってしまった…。今となっては、もう不要になったので売るしかない!と思い買取に出させていただきました。本買取アローズは、本当にスタッフが親切で良いですね。ここで売って良かったな、と思いました。次回もお願いします♪

    和歌山県 TR様 20代 女性

  • 君の名は。の画像

    君の名は。の小説を含む本4冊3,600円で買取ました!!

    小説などをまとめて買取に出しました。どの小説も爆発的に人気があったし、衝動買いしてしまいました。今もたまに読んでるんですが、新しい小説が欲しいのにお金もないので、仕方なく売ることにしました。売るときに買取価格ものっていたし、売る参考になったので非常に助かりました!!

    大阪府 WK様 20代 男性

買取お申し込みはこちら

君の名は。

「君の名は。」はもうご存知ですよね。映画で見に行かれた方もきっと多いと思います。テレビやニュースでも取り上げられたリ、最近では韓国でも放送され、国内だけでなく世界的に人気になった作品だと思います。そんな「君の名は。」のストーリーですが、まだ知らない方の為にも簡潔ですがご紹介します。
東京に暮らす男子高校生、瀧と岐阜の地方に住む高校生、三葉。そんなある日二人が目を覚ますと、お互いの心が入れ替わっていた!?とても奇妙な夢だと思いながらも、自分じゃない誰かの体で一日を過ごしていきます。翌朝には元に戻っていましたが、それが週に何回か繰り返されるたびに、実在の誰かと入れ替わてることに気づきます。2人は、携帯を通してやりとりをし、また、入れ替わっている間のいくつかルールを決めて、元に戻った後も困らないように、と日記を残すことに…。最初は性別も環境も全く違うところで困難した二人ですが、次第にその生活を楽しみつつも二人の心もお互いに解けていきます。しかし、その入れ替えは突然途絶えて、日記もやりとりも全て消えてしまいます。そして、瀧は三葉の所に向かいますが、そこは三葉や家族を含めた500人以上も死亡していることが判明…。
舞台は日本なので、映画で見られた方は、実際もととなった舞台を見に行かれた方も多いでしょう。あなたも、是非読んでみて下さいね!感動しますよ。

発売日から1ヶ月以内なら定価の40%以上で買取!

新作本や漫画を買ったものの、いざ読んでみると「買わなきゃよかった」なんて事ございませんか?

こういった時に買ったばかりの商品を買取に出しても人気の商品でもない限り4分の1以下の値段しかつかないなんて事は少なくありません。

そういったお客様のお悩みにお応えするために本買取アローズでは発売月から一ヶ月以内の商品であれば定価の40%以上で買い取らせて頂いております。

また、それだけでなく!発売月から三ヶ月以内の商品であれば定価の20%以上で買取させて頂いております。

経費削減による圧倒的な高値査定!

本買取アローズでは、実店舗は一切作らず物流センターのみで運用しております!

そのため通常、店舗分でかかってくる、賃料・光熱費・人件費などがありませんので、他の買取業者さんよりも高値の査定をつけることが実現できております。

また、ITシステムを導入により、運用にかかるコストにつきましても最小限に抑えております。

これが本買取アローズの高価買取の理由です!

君の名は。の買取を希望されている方もご安心くださいませ。

君の名は。のキャラクター紹介!

【立花 瀧(たちばな たき)】
物語の主人公で、都内に住んでいる高校生の男の子。2016年の時点で、神宮高校の2年生で、実は三葉よりも3歳も年下です。霞が関に勤務している父親と2人暮らしで、新海は「母親は数年前に離婚した」と述べています。家からは東京タワーが綺麗に見え、絵を描いたりするのが得意なため、建築や美術関係に興味を抱いています。また、友人も多く、日々友人たちと楽しく過ごし、イタリアンレストラン「IL GIARDINO DELLE PAROLE」でアルバイトをしています。アルバイト先の同僚である奥寺先輩へひそかに好意を寄せており、恋愛には奥手。

 

【宮水 三葉(みやみず みつは)】
物語の主人公で、山や谷が周りにある田舎の岐阜県に住んでいる女子高生。2013年の時点では、瀧より3歳年上。妹と共に、宮水神社の巫女になりますが、母親の二葉は病気で亡くなり、町長である父親は、家を出て、祖母の一葉と妹との3人で暮らしています。家系の神社や父の町の選挙運動など、田舎の生活に嫌気がさし、東京などの都会の華やかな生活に日々憧れています。

 

【奥寺 ミキ(おくでら ミキ)】
瀧のアルバイト先、イタリアンレストラン「IL GIARDINO DELLE PAROLE」で働いている先輩。美人かつオシャレな女子大学生で、同じアルバイトで働いている男の子からは人気があります。2021年に久しぶりに瀧と出会った時には、手には婚約指輪がはめられています。(小説版では、ミキは結婚することを瀧にちゃんと話しています。また、新海によると、「あくまで裏設定ですが、司は奥寺先輩と婚約した、と述べています。)

 

【名取 早耶香(なとり さやか)】
三葉の同級生であり、一番仲良しな友達です。性格は控えめでおとなしく、穏やかです。あだ名は「サヤちん」で、勅使河原に好意を寄せています。また、2021年には勅使河原と近々結婚する予定のことを話しています。(小説では、祖母や姉が町役場の町内放送担当であったと記載されており、町役場に勤める姉も一瞬だけ登場します。)

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら