1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 僕だけがいない街 全巻高価買取中です!

僕だけがいない街 全巻高価買取中です!

2015日迄

  • 僕だけがいない街 2
  • 本
本買取アローズでは「僕だけがいない街」漫画・シリーズ商品を高価買取しています!コミック1冊から全巻セットまでお任せください!

主な僕だけがいない街 全巻高価買取中です!

  • 僕だけがいない街 全巻セット:300~1,000円
  • 僕だけがいない街 デザインワークス:500~1,800円
  • 僕だけがいない街 上「完全生産限定版」:1,000~5,600円
  • 僕だけがいない街 下「完全生産限定版」:1,000~5,400円
  • 僕だけがいない街 スタンダードエディション :500~1,800円
  • 在庫の状況により変動することがあります。

僕だけがいない街 全巻高価買取中です!の買取実績

こちらでは「僕だけがいない街」の買取実績とご感想をご紹介いたします!

  • 僕だけがいない街 3

    僕だけがいない街全巻セットなど1,400円で買取しました!

    実写映画が面白くて原作が読んでみたくて購入したんですけど、電子書籍もあるって知って、じゃあ売りに出そうかなと思って買取に出させてもらいました。買取が意外と高くて嬉しかったです。

    愛媛県 KF様 30代 女性

  • 僕だけがいない街 4

    僕だけがいない街全巻セットやDVDなど6,180円で買取しました!

    新しい漫画が欲しいなと思って僕だけがいない街のDVDや漫画を売らせてもらいました。良い値段で売れたんで買取に出して良かったなと思いました。宅配買取が思ってた以上に便利でしたね。

    鳥取県 SJ様 40代 男性

買取お申し込みはこちら

僕だけがいない街とは

映画化、アニメ化と話題になった「僕だけがいない街」は、三部けいによるサスペンス漫画です。このマンガがすごい!2014やマンガ大賞2014などにも輝いており、藤原竜也主演の実写映画かも公開されています。ノベライズも発売されていますが、原作とは違い犯人視点と主人公視点の構成で取られており、原作最終回後のエピソードも含まれています。

タイムリープ作品ですが、特殊な能力を持った主人公が周囲の人々に襲う悲劇を回避するために時間を繰り返すようになります。舞台となるのは2006年の5月。漫画家とデビューしたもののパッとしない主人公・藤沼悟はリバイバル(再上映)という特殊な能力を持っていました。自分にとってはメリットのない能力を持て余しながら過ごしていた主人公は、ピザやでアルバイトしていた愛梨と交通事故をきっかけに親しくなっていきます。

事故の知らせを受け上京してきた母・佐知子とアパートで暮らし始めるのですが、母と買い物中にリバイバルが発生します。佐知子はこの時、ある子連れの男の挙動に注目しており、誘拐を未然に防いだことを確信し、北海道で起きた誘拐殺人事件の真犯人だと悟ります。

しかし、真犯人も気づかれたことを察知し正体が知られる前に佐知子を殺害し、その罪を息子である悟に擦り付けます。リバイバルで母が殺される前に戻ろうと試みるものの、これまでに経験したことののない長期間のタイムリープが発生。2つの時代を往復しながら真犯人へと立ち向かっていきます。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

「僕だけがいない街」の漫画やDVDの買取を考えている方に嬉しいお知らせです!
本買取アローズでは宅配買取を申し込まれた方をた仕様に、お得なキャンペーンを実施中!只今、買取を申し込まれましたら「僕だけがいない街」の全巻セットなどの買取金額が30%UP致しますよ!
その他の書籍も買取受け付けておりますので、この機会にご利用くださいませ。

 

※上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適用後の価格となっております。

 

お得な無料のサービスがたくさん!

本買取アローズでは、宅配買取を初めてご利用になられる方でも心置きなく利用できるように、いくつかの無料サービスを提供させてもらっています。
初めての買取だと、どんな費用がかかるのか分からないと不安になる方も多いかと思います。本買取アローズでは、買取の際に発生する送料・査定料・手数料など、すべての費用を負担しております。
梱包の際に必要となるダンボールも無料でプレゼントしており、買取の際に査定金額にご納得いかなかった場合でもキャンセル料が無料となっています。

 

僕だけがいない街のキャラクター紹介

【藤沼 悟(ふじぬま さとる)】

「僕だけがいない街」の主人公。29歳の漫画家でデビュー後は鳴かず飛ばずでアルバイトで生計を立てている。観察眼や洞察力は優れており、冷静さも持ち合わせているが大成しない現状を打破することが出来ない。再上映(リバイバル)というタイムリープ能力を持っており、人助けを含め自身の周りで起きる事故を回避してきた。考えていることはすぐに口に出てしまう癖がある。

 

【藤沼 佐知子(ふじぬま さちこ)】

元局アナで悟の母。シングルマザーで悟を育て、北海道に住んでいたが、息子が事故を起こしたことをきっかけに上京する。昔から姿が変わっておらず、息子の悟同様に鋭い洞察力を持っている。熟考してしまう癖があり、意味深な言動の後には「冗談に決まってるべさ」と囁く。

 

【片桐 愛梨(かたぎり あいり)】

17歳の高校生。悟と同じアルバイト先の同僚で物おじしない明るい性格の持ち主。心を許した相手には愛梨と名前呼びをする。不自然な悟の人助けを目撃し、そこから悟との距離が近づいていく。

 

【雛月 加代(ひなづき かよ)】

悟の小学生の時の同級生。1988年に起きた連続誘拐殺人事件で殺害された。加代が行方不明になった際に、母親が加代の服を笑顔で捨てている場面を見て以来トラウマとなっている。

 

【白鳥 潤(しらとり じゅん)】

1988年に起こった連続誘拐殺人事件で小学生男女3名を殺害したとされ、確定死刑人となった。悟の小学校時代の遊び仲間で、事件前から心を許していた一人。

 

【八代 学(やしろ がく)】

悟の小学時代の担任。生徒の悩みを聞いたり、気にかけたりと人当たりの良い教師。

 

「僕だけがいない街」は、主人公がリバイバルを繰り返すことで少しずつ変化が現れてきます。連続誘拐殺人事件の真犯人は一体誰なのか?。悟は母を救うことが出来るのか?気になる方は読んでみてください。「僕だけがいない街」をお持ちの方がいましたら買取をどうぞ!

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら