1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. 僕たちがやりました 全巻高価買取中です!!

僕たちがやりました 全巻高価買取中です!!

2015日迄

  • 僕たちがやりました1
  • 本
本買取アローズでは僕たちがやりましたの漫画・シリーズ商品を高価買取しています!コミック1冊から全巻セットまでお任せください!

主な僕たちがやりました 全巻高価買取中です!!

  • 僕たちがやりましたの各コミック:100~300円
  • 僕たちがやりましたの漫画全巻セット:800~1,300円
  • 僕たちがやりましたBlu-ray & DVDの買取につきましてはお問い合わせ下さい。
  • 在庫の状況により変動することがあります。

僕たちがやりました 全巻高価買取中です!!の買取実績

実際に本買取アローズで僕たちがやりましたをお売りいただいた実績とお客様から寄せられたご感想を掲載しています。

  • 僕たちがやりました4

    僕たちがやりましたの漫画など計55冊を6,650円で買取ました!

    ドラマをきっかけに購入した漫画や、アニメをきっかけに購入した漫画がほとんどです。買取に出すか出さないかで悩みましたが、完結してるのも多かったのでいい機会かなと思い買取に出させてもらいました。読んでると面白いですけど、一回読んだきりで読み返さない漫画がほとんどだったので。査定も早くて、すぐに売ることが出来たんでよかったです。

    京都府 TN様 30代 男性

  • 僕たちがやりました全巻

    僕たちがやりましたの漫画など計30冊を3,720円で買取ました!

    ちょっとしたお小遣いになればいいなと思い漫画をいくつか売らせてもらいました。対応も早くて助かってます。査定金額もいい値段だったので即買取ってもらいました。ありがとうございました。

    山口県 UY様 40代 女性

買取お申し込みはこちら

僕たちがやりましたとは

フジテレビでテレビドラマ化されたことでも話題になった「僕たちがやりました」。漫画は全9巻で完結しており、通称「僕やり」で親しまれています。
ヤングマガジンで連載されていた「僕たちがやりました」は、当初「行け!稲中卓球部」っぽいま漫画にしたいということで、登場人物4人のギャグマンガとしてネームが切られていました。

あらすじを簡単に説明しますと、主人公を含む丹下高校に通う2年生のトビオたちと、金持ちのOBパイセンがつるみながら遊んですごしていました。あるときに仲間のマルが、丹下高校の隣の矢波高校の生徒に拉致され大けがを負わされます。仕返しするためにトビオ達は夜間に矢波高校へ忍び込み小規模の爆弾を仕掛けたのですが、予想を反する規模での爆発が起こり大勢の死傷が出てしまいました。トビオを含んだパイセンらは国外に逃亡としようとするのですが、パイセンが空港で捕まりバラバラとなります。生き残った矢波高校を牛耳る2年の市橋と警察から逃げることとなった彼らに待ち受ける運命とは…。

ギャグマンガでもありながら、重たいテーマを含んだ「僕たちがやりました」はどうやって終わるのだろう?とドキドキさせられる展開ばかりです。ハッピーエンドで終わるのか、バッドエンドで終わるのかはご自身の目で確かめてみて下さい!意志の強いメッセージを感じることが出来ます。本買取アローズでは、漫画や小説など様々な本を買取しています。買取を希望される方は是非ご利用下さい。

30%買取価格アップキャンペーン実施!

僕たちがやりましたの買取を迷われているお客様に嬉しいお知らせを一つ!
本買取アローズで、僕たちがやりましたの買取をお申込み頂いたお客様には、買取金額が30%UPするキャンペーンを実施しております!
期間内に宅配買取を申込まれたお客様が対象ですので、是非申し込み下さい!
本買取アローズのご利用が初めての方、迷われている方も、このキャンペーン中にご利用下さいませ。

 

※上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。

 

送料・手数料・査定料・梱包材すべて無料!

本買取アローズで嬉しい無料特典をご紹介!
見積料(査定料)、手数料、送料、梱包材料、この4つをすべて無料で提供させていただいています。
買取してもらうのに色々と費用がかかるのではと不安があるかと思います。本買取アローズではこれらの費用はが無料ですので、ご利用が初めての方でも気軽にご利用いただけます。

 

僕たちがやりましたのキャラクター紹介

【増淵 トビオ (ますぶち とびお)】

「僕たちがやりました」の主人公、あだ名「トビオ」。幼少期の頃、熱くなっても良いことが無かった為、そこそこの人生を理想にしています。
フットサル部の部員ですが、名前だけの所属であり部員のマルや伊佐美、OBのパイセンとつるんで遊ぶことがほとんど。爆発事故によって10人もの人たちを殺してしまったという罪の意識に苛まれ、自殺を図るが失敗に終わる。
パイセンの口止め料300万円で、そこそこの生活を続けるつもりだったが、パイセンが捕まったことにより逃亡生活へ。
合流したマルに299万円奪われホームレスに。途中、幼馴染の蓮子への想いに気づき会い行くのですが、市橋と行動している所を目撃してしまい再び逃亡。

 

【丸山 友貴 (まるやま ゆうき)】

トビオの同級生、あだ名は「マル」。見た目と違い腹黒い性格である意味全ての元凶ともいえます。
たまたま見かけた矢波高校の不良たちに「死ね」と暴言を吐いたことから、拉致られ殴り合いをさせられます。これによってトビオ達は、矢波高校へ報復として爆破事件を起こすことに。爆発事件の後は、パイセンからもらった口止め料をトビオの分も奪って逃亡。
トビオや伊佐美が罪悪感を感じているのに対して罪悪感が希薄であり、自身に暴行した矢波高校の松崎の死を知った後は歪な笑みを浮かべています。。

 

【伊佐美 翔 (いさみ しょう)】

トビオの同級生、あだ名は「伊佐美」。お調子者でありながらも冷静な一面もある。
爆発事件の際は、現実逃避気味なマルやパイセンと違って事の重大さを理解し、罪悪感に苛まれ自殺未遂を起こします。その後、生きていることを実感するためにセックスに依存するようになっていきます。彼女の今宵とトビオとしばらく3人で暮らすこととなりますが、今宵が買い出しから戻ったころに復習に燃える市橋たちの襲撃にあい再び逃亡。トビオと合流した後は、爆発事件の真犯人として疑っている矢波高校教師、熊野の家に侵入し犯人の証拠を探す。

 

【小坂 秀郎 (こさか ひでろう)】

フットサル部のOC、あだ名は「パイセン」。関西弁でしゃべる陽気でかなりのお金持ち。進学や就職はしてなく、親が金持ちなことで毎日のようにトビオ達と遊んでいる。金だけのつながりであってもトビオたちのことは大切に思っている。矢波高校の爆破事件では、テロリストの仕業にし自分たちのせいで無いと決めつけていたが、トビオに警察に爆弾を設置したことがばれるとのことを指摘され重大さを認識。海外逃亡を決断するが、空港で逮捕されることに。

 

「僕たちがやりました」は、テーマが重いですがギャグマンガとしての要素もあるダークコメディです。主要人物の他にも魅力的なキャラクターが登場しています。本買取アローズでは「僕たちがやりました」を買取していますので、お持ちの方がいましたら買取をどうぞ!

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら