1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. ちるらん 新撰組鎮魂歌 全巻高価買取中です!

ちるらん 新撰組鎮魂歌 全巻高価買取中です!

2015日迄

  • ちるらん 新撰組鎮魂歌1
  • 本
本買取アローズでは「ちるらん 新撰組鎮魂歌」漫画・シリーズ商品を高価買取しています!コミック1冊から全巻セットまでお任せください!

主なちるらん 新撰組鎮魂歌 全巻高価買取中です!

  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 各コミック:150~300円
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 15巻~:200円~300円
  • 買取価格は在庫の状況により変動することがあります。

ちるらん 新撰組鎮魂歌 全巻高価買取中です!の買取実績

実際に本買取アローズでちるらん 新撰組鎮魂歌をお売りいただいた実績とお客様から寄せられたご感想を掲載しています。

  • ちるらん 新撰組鎮魂歌4

    ちるらん 新撰組鎮魂歌の漫画など計60冊を8,110円で買取ました!

    単行本が多くなってきたのでまとめて売らせてもらいました。完全版がでたらまた買えばいいかなと思ったので、普通のコミックを中心に売りましたが高い値段で買い取ってもらえたんでよかったです。そこそこ売れればいいなって気持ちだったので買取に出してよかったです。

    岡山県 SI様 30代 男性

  • ちるらん 新撰組鎮魂歌3

    ちるらん 新撰組鎮魂歌の漫画全巻などを2,850円で買取ました!

    ちるらんを中心に買取してもらいました。セットで売った方が高いかなと思て最新刊までまとめて買取に出させてもらったんですけど、いい値段で買取してもらえたんでよかったです。状態には気を付けていたので、高く売れたのかなって。

    和歌山県 AN様 40代 男性

買取お申し込みはこちら

ちるらん 新撰組鎮魂歌とは

アニメ化、舞台化と幅広くメディア展開する「ちるらん 新撰組鎮魂歌」は、明治45年に生き残りである女性記者が、かつての新選組の一員である永倉新八のもとを訪れるとこから始まります。新選組は美談として語られる風潮がありますが、良いうわさがあまりなかったというのも事実。女性記者が追い求めていたのは、新選組で鬼の副長と呼ばれていた土方歳三。「ちるらん 新撰組鎮魂歌」は、新選組を不良少年グループに見立てヤンキー漫画風に描いた作品です。

回想のメインは土方歳三。当時24歳の彼は薬売りをしながら剣術を磨き、道場やぶりを行っていました。腕に自信があった土方が、全く歯が立たなかった道場こそが「試衛館」。最強を追い求める土方の闘いが始まっていきます。武者修行に励んでいる土方には、剣の師匠がおらず全てが我流です。「試衛館」の大将である近藤勇と対立したとき、土方は今までに味わったことのない気迫を感じます。

土方歳三の真の物語として始まる「ちるらん 新撰組鎮魂歌」は、彼が「試衛館」の門人となってからが本番です。誰もが知る新選組が、血気盛んに描かれている漫画は、読むたびに今後の展開にワクワクとさせられます。幕末の京都を中心に活動していた治安組織「新撰組」の裏側に迫った漫画は、男性でも楽しめる力強い漫画になっています。本買取アローズでは漫画の買取も行っていますので売却を希望される方はぜひご連絡ください。

買取価格30%アップキャンペーン中!

本買取アローズでは期間限定で、宅配買取をお申込み頂いた方を対象にしたお得なキャンペーンを開催!
只今、本買取アローズで宅配買取を申し込まれますと買取金額が30%UPします!
買取対象となるのは漫画や小説と言ったすべての本、買取を申し込まれた商品に適用。30%UP分の買取金額は全て現金でのお支払いとなっています。
ご利用頂いているお客様に、日頃の感謝を込めた期間限定キャンペーンになっていますので是非ご利用下さい!買取が初めてのお客様も対象となりますので、この機会にご利用くださいませ。

 

※上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。

 

4つのお得な無料特典!

本買取アローズで買取をお考えの方にお得な無料特典をご紹介させていただきます!
買取の際にかかる見積料(査定料)や手数料、送料、梱包材料、これらすべてを無料で提供させていただきます。
買取が初めてのお客様ですと、買取してもらうのに色々と費用がかかるのでは?と不安が生まれると思います。本買取アローズではこれらの費用はが無料ですので、ご利用が初めての方でも気軽にご利用いただけますよ!

 

ちるらん 新撰組鎮魂歌のキャラクター紹介

【土方 歳三(ひじかた としぞう)】

「ちるらん 新撰組鎮魂歌」の主人公。最強の漢を目指すべく、強さを追求する日々を送っている。強者との闘いを求めており、我流での戦いはいつも真っ向勝負。血の気が多くけんかっ早いが、仲間の為ならと命も張れる真っ直ぐな心の持ち主。道場破りで立ち寄った試衛館で大将の近藤との戦いに敗れた後、正式な門人となります。

 

【市川 真琴(いちかわ まこと)】

土方 歳三の孫で、東京毎日新聞社の記者。かつての新撰組の一員である永倉新八に、土方歳三の真実を聞こうと北海道小樽を訪れる。

 

【杉村 義衛(すぎむら よしえ)】

晩年の永倉新八(取材当時72歳)。新撰組の取材に来た市川真琴に土方歳三の真実を語る。年老いてもなおその実力は本物であり、休みなしで8キロ以上歩く体力がある。

 

【近藤 勇 (こんどう いさみ)】

試衛館の道場主であり、新撰組局長を務める男。試衛館からは近藤さん、オヤジなどと呼ばれ慕われている。一般的な日本刀を使用し「剛剣無双」と称される力をもっている。丸太の木剣を槍の突きよりも速く振るうことが出来る実力を持っている。剣術は一流だが料理の腕はあまりよくない。仲間の為ならば局長の座を降りたり、素手で剣を握って止めたりと優しさもある。

 

【沖田 総司(おきた そうじ)】

試衛館最強の男であり、新撰組一番隊長を務める男。剣の天才と謳われ、得意技は「神速の三段突き」と呼ばれる三回の尽きが一回で突いたように見える技。鬼子と呼ばれる極限状態になることができ、超人的な瞬発力を発揮する。この状態の間は瞳が燃えるような紅に変る。理性を完全に失った動く殺人兵器な人格であったが、芹沢、近藤との勝負をきっかけに理性を保ったまま発動することが出来るようになる。通常の3倍の血液を心臓が送り出すために、多大な負担をかけてしまうデメリットがある。

 

【永倉 新八(ながくら しんぱち)】

試衛館一の常識人で神道無念流免許皆伝者。剣の才能が無いことを自覚しており、その差を埋めるために努力をしている。握力の強さが異常で、剣を握っている相手の指の骨を折る「指ぬき」を行うことが出来る。握力の強さは、一撃で相手を打ちのめす殴打力にも繋がっていく。斬られ慣れていることから真剣白羽取りも得意。総合的な戦闘力としては強い。

 

「ちるらん 新撰組鎮魂歌」には、主要人物の他にも魅力的なキャラクターが登場しています。本買取アローズでは「ちるらん 新撰組鎮魂歌」を買取していますので、お持ちの方がいましたら買取をどうぞ!

 

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら