1. 本の高価買取なら本買取アローズTOP
  2. 買取商品一覧
  3. だがしかし

だがしかし

2015日迄

  • だがしかしの画像
  • 本
「だがしかし」の全巻・単品買取を本買取アローズでは強化しております!!「だがしかし」のことなら、お気軽にお問い合わせください。

主なだがしかし

  • だがしかしのBlu-ray全6巻セット:20,000~23,100円
  • だがしかしの抱き枕カバー:9,250~13,500円
  • だがしかしのワンフェス:8,100~9,250円
  • だがしかしの収納ボックス:7.643~7,980円
  • だがしかしのフィギュア:2,300~6,350円
  • だがしかしの公式ファンブック:1,000~2,100円
  • だがしかしの1巻初版:800~1,200円
  • だがしかしのイラストカード:1,000~1,200円
  • だがしかしの5巻セット:1,000~2,560円
  • だがしかしの漫画1~6巻:980~3,400円

だがしかしの買取実績

だがしかしの買取実績を紹介いたします。

  • だがしかしの画像

    コミックス1~6巻を3,330円で買取りしました!

    本買取アローズ感謝感謝です。今までで本の買取経験はありますけど、ここまで査定額が高いのは初めてな気がします。おまけに、スタッフの方も親切だし、送料や手数料と言ったお金もこちら側から払うことがなかったので、安心して取引することが出来ました♪次からはここを利用したいと思います。

    高知県 BE様 30代 女性

  • だがしかしの画像

    だがしかしBlu-rayなど36,430円で買取ました!

    今回はだがしかしなどコミックス、DVDを含む全てのものを売りました。漫画オタクは卒業したので、売ったんですがあまり状態も綺麗な方ではないし、金額もまぁ平均並みにはつくだろう、、、と予想していましたが、予想を覆されました(笑)思ったよりも金額が付いたし、あと全て引き取ってもらえたことにも驚きました。本買取アローズは、どこよりも信頼できるサイトなのかな、と感じています。今回は本当にありがとうございました!!

    京都府 OM様 20代 男性

買取お申し込みはこちら

だがしかし

さて、コトヤマの作品による人気漫画「だがしかし」は皆さんご存知ですか?コメディー要素が入った漫画になっており、2014年には小学館の「週刊少年サンデー」にも現在もなお連載されている最も注目をあつめている漫画なんですよ!少しだけ、簡単に概要を説明しますね。
実家が駄菓子屋の主人公、ココノツは、父から駄菓子屋を継ぐように言われ続けていましたが、ココノツは将来漫画家になることが夢なので、嫌がります。しかし、そんなある日都会からやってきた駄菓子マニアの女のコによって、あらゆる手段でココノツに駄菓子屋を継がせようとします。果たして、ココノツは夢見る漫画家志望をあきらめて実家の駄菓子屋を少女の手によって継ぐのでしょうか・・・?
この漫画は、勢いもあり、累計160万部も売れている漫画です。そんな人気漫画は本買取アローズでも買取を積極的に行っていますので、是非ともお持ちの方はお譲りくださいませ。査定額も無料ですので、お気軽にどうぞ。

30%買取価格アップキャンペーン実施中!

美少女戦士セーラームーンの買取を検討中だというお客様、朗報です!
ただいまキャンペーン中で、お申込み頂いたお客様の買取金額を30%アップさせていただいております!
買取アローズから皆様への感謝の気持ちでございます。
まだ迷っていらっしゃるのでしたら、ぜひ今がチャンスです!どうぞご利用ください。

(上記に表示しております買取価格は、キャンペーン適応後の価格となっております。)

キャンセルもできちゃいます!!

査定をしてもらったものの、査定額に納得できない!!という場合でもご安心ください。
本買取アローズでは無料でキャンセルが可能なんです。キャンセル料が発生するのではという心配もご無用です。
買取査定の金額をお客様にお知らせした48時間以内は、キャンセル料が全くかかりませんので、初めても方も安心してご利用ください。

だがしかしのキャラクターをご紹介!!

【鹿田 ココノツ(しかだ ココノツ)】
この漫画の主人公、高校1年生です。実家が駄菓子屋さんで、父から駄菓子屋を継ぐように言われていますが本人は嫌がります。ココノツは漫画家になることを夢見ています。そのため、漫画は人よりも上手ですが、ストーリー性はプロよりは欠けています。親や友達からは、自分が漫画家になりたい!という夢を秘密にしていますが、すでにそのことがバレていることにはココノツは全く気が付いていません。幼少期からは駄菓子屋の息子だったためか、駄菓子に関する情報や知識は非常に多く、自分の望んでいないところで、ついつい才能を発揮してしまいます。思春期の少年らしく、女のコへも興味津々で、都会からやってきた女のコ、ほたるを見て、あらゆる妄想に浸ったりするので、友人からは「スケベ全開」と言われています。そんな彼の特技は、1秒間だけ顔をポテトフライのマスコットキャラクターである「ポッチ」くんのマネをできるという変わった特技を持っています。

 

【枝垂 ほたる(しだれ ほたる)】
大手会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢。ココノツからは、「漫画から飛び出してきたみたい!」と言われるほどグラマスボディの持ち主。銀色の髪に、その焦点が定まっていない目が特徴で、ほたるの夢は、世界一の菓子メーカーを自らの開発で作るといった壮大なもの。菓子業界では、有名人であるヨウを自分の会社に引き抜こうと都会からやってきますが、ココノツが駄菓子屋の跡をつぐまでは店を離れたくない、というヨウの意思から、ココノツ駄菓子屋を継がせようと、あわゆる手段をつかってはココノツに継がせようとします。駄菓子を愛しているというほど大の駄菓子好きで、度が過ぎて騒動を引き起こすこともしばしばあります。また、好きな男性のタイプは、ポテトフライのマスコットキャラクター「ポッチ」くん。

 

【遠藤 サヤ(えんどう サヤ)】
ココノツの友人で、豆の双子の妹です。実家が喫茶店の看板娘で、両親が留守中の間は自分が店主として働いています。金髪と両耳にたくさんのピアスをつけたスリムかつ美脚の女のコ。性格は、多少強いですが、変人そろいのこの漫画の中では唯一まだ常識範囲内のキャラクターです。幼馴染のココノツのことがずっと気になっていて、ほたるの存在を知ってからは、嫉妬しますが、ある時偶然顔を合わせたほたるの奇人ぶりに興味を持ち、それ以降嫉妬から友情へと変化します。また、怖いものは大の苦手。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら