お得な情報満載!! 買取価格情報

漫画「蛍火の杜へ」を買取致しました!

蛍火の杜へ

本買取アローズにて、漫画「蛍火の杜へ」を買取させて頂きました!

漫画「蛍火の杜へ」は、2002年に「LaLa DX」に掲載され2011年には劇場アニメ化もされ人気を博した、「夏目友人帳」でお馴染みの緑川ゆきさんの読み切り作品です。

主人公の少女・竹川蛍は6歳。祖父の家に遊びに来たある夏休みのこと、妖怪が住むと言われている山神の森に迷い込み、狐の面を被った人の姿の少年・ギンと出会います。

「森の出口まで案内する」と蛍の先を歩くギンでしたが、そんなギンには「人に触れられると消えてしまう」という秘密があったのです。 森の中で迷子になっていたところをギン助けられてからというもの、それから毎年、夏が来るたびに毎日のように蛍はギンのもとに訪れるようになりました。

それから夏を迎えるたびに一緒に森で遊び、仲を深めていく二人。当たり前のように少しずつ成長していく蛍と、出会った頃のままずっと姿の変わらないギン。人ならざるギンに、蛍は特別な感情を抱き始めるようになるのだが…?

「蛍火の杜へ」は単なる人と妖怪のファンタジー漫画ではなく、一人の少女と一人の人ならざる者の恋愛漫画になります。バトル要素やホラー要素は一切なく、終始ほのぼのとした雰囲気の作品なので、ファンタジー漫画に馴染みのない方でも読みやすい作品になっています。

ギンを縛る「人に触れられると消えてしまう」という呪い。それは作中でも二人の関係をさらにもどかしくさせる要素でもあり、触れられないようにのらりくらりとかわしてしまうギンとは裏腹に、触れてしまわないように奮闘する蛍がとても可愛いんですね。

触れたいのに触れられない。そんなもどかしい距離を保ったまま成長していく蛍とギンですが、お互い触れることも出来ないまま歳月を重ねるごとに告げられない想いを募らせていきます。そんな切ない心理描写に胸を打たれるような、涙なしでは見ることが出来ない名作ですので、ハンカチをご用意の上でぜひ読んでみてください…!

そんな不朽の名作「蛍火の杜へ」ですが、本買取アローズでは高価買取をおこなっております。買取業界の中でも、トップクラスの買取額を誇る本買取アローズにまずはお見積りから、お気軽にご相談ください!

他にも、お見積り・送料・ご自宅への出張料無料でお申し込み当日の集荷もおこなっております!お客様のニーズに沿った多数のサービスをご用意しておりますので、ぜひご利用をお待ちしております!「漫画買取ページ」も合わせてご覧ください。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら