お得な情報満載!! 買取価格情報

専門書が伝えないがんと患者の物語を買取ました

専門書が伝えないがんと患者の物語

本日、本買取アローズの専門書部門にて「専門書が伝えないがんと患者の物語」を買取いたしました。
日本の三大疾病の一つとして挙げられるぐらい私たちの身近になっているのが「がん」です。しかし、がんのことなんて考えたくもないし、どこかで自分には関係ないことと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、いざ自分ががんだと宣告されたら、慌ててがんの知識を詰め込むことになりますよね。こちらの専門書は、2010年から2012年まで「週間新潮」に連載されていた「がんの練習帳」をまとめたものです。がんと宣告されたときの心構えや、治療費の問題、医者とのつき合い方、放射能のリスクなどが解説されていて、がん治療を受ける患者の本当のところまでわかりやすく書かれています。再編集や大幅に加筆がされているために、一度読まれた方も、もう一度読んで満足できる内容ですよ。
この本の特徴は専門書でありながら、ストーリー形式でがんについて書かれていることです。専門書でがんについて書かれると、どうしても医学的な方面でがんについて書かれていない本が多いように思いますが、「専門書が伝えないがんと患者の物語」では、タイトルどおりの物語で進められています。そのため、まるでドラマを見ているかのように読み進めていくことができ、専門書であるということを一瞬忘れてしまいそうになります。次に、がんの病気としての描写だけでなく、その時にかかる費用についてもこの本で書かれているのが特徴です。がんにかかると、もちろん自分のその後の健康が重要ですが、次にその治療費が一体いくらかかるのか心配になる人が多いとですよね。例えば、「専門書が伝えないがんと患者の物語」の中で、妻ががんになった夫婦が取り上げられています。夫の会社が業績不振によりボーナスがカットされ、妻も体調不良のためパートを続けることが難しくなる中、まだ中学生の息子の教育費と妻のがんの治療費をどうするかと葛藤が描かれています。ストーリー形式なので、非常にリアリティがあり、思わず自分の将来を考えてしまいます。「専門書が伝えないがんと患者の物語」を読んでがんについて考えてみませんか?
本買取アローズは、がんをストーリー形式で詳しく書かれた専門書「専門書が伝えないがんと患者の物語」をまだまだ買取をしております。こちらの本を売りたいとお考えの方は、専門書買取ページをご覧下さい。また本買取アローズでは、専門書をはじめ色々なジャンルの本を買取対象としております。漫画、洋書、参考書などなんでも取り扱っていますので、この機会にご自宅のいらない本を整理してみてはいかがでしょうか。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら