お得な情報満載!! 買取価格情報

ダイバーシティの教科書を買取ました

ダイバーシティの教科書の画像

本日、本買取アローズにて「この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書」を買取いたしました。
「ダイバーシティ」て、あまり聞きなれない言葉ですよね。「ダイバーシティ」とは、企業経営や人材戦略の「多様性」を意味する言葉です。経営や人事に関わる人たちの間で徐々に浸透しつつあるワードです。現在の日本の労働者人口は、正社員以外の派遣労働者や契約社員、パート・アルバイトといった非正規雇用の割合が40%にも達しており、働き方を選ばない「働き手の多様化」が進んでいます。それは非正規雇用のみにかぎらず、女性の本格的な社会進出や、外国人労働者の雇用など、その働き方は現在では多岐に至ります。大企業などでは、雇用者のうち何%とかはそういった雇用をする必要がある法律などがすでに制定されているケースもあります。いかに日本でも雇用方法のジャンルが増えているかがわかります。こちらの教科書では、働き手の人材育成に取り組む中での多様性の重要性をテーマにした本で、女性、若者、シニア、障害者、派遣社員といった人材の活かし方、介護と仕事の両立といった問題についてなど、1章ごとに丁寧に解説されています。ですが、日本ではまだまだ「ダイバーシティ」という言葉は馴染みの浅いものになります。本教科書にてまず働き方のダイバーシティにおける重要性や、今の企業の雇用形態からどういった形で変えていけばいいのか、どうすればスムーズに、ベストに改革を進めていけるのかといったポイントが記載されています。女性のキャリアの底上げのために、どういった支援をしていけばいいのか、シニアと呼ばれる世代を活かせるにはどうすればいいのか、これまで日本では当然とされてきた勤務時間の決まりなど、グローバル化した現代ではどういった設定がいいのかを丁寧に解説してくれます。また、最近では新入社員の離職率が上昇傾向にあるなど、働き方が多様化したことによる離職問題なども多く顕在しています。そういった問題ともどう向き合っていけばいいのか、一つの指標となってくれる教科書になっているので、人事や管理職の方にも読んでおいてほしいと感じます。企業におけるダイバーシティを推進するための手軽な入門書として、企業経営者や人事に携わっている方にはオススメの一冊です。
また、本買取アローズではこちらの教科書の買取も受付中です。もちろん「この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書」以外の教科書も絶賛買取いたします。どんな教科書が高額買取となっているかなど、教科書の買取情報は教科書買取ページをご覧ください。

本買取アローズが人気の理由!

買取お申し込みはこちら